ここから本文です

明治政府は廃仏毀釈を行ったのは一体何故でしょうか。

hit********さん

2019/4/1703:10:05

明治政府は廃仏毀釈を行ったのは一体何故でしょうか。

閲覧数:
45
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kom********さん

2019/4/1703:23:16

明治時代までは神仏習合と言って、
日本の神様と仏教の仏様は同一視されていました。
特に本地垂迹と言って、
神は仏が姿を変えて現れたものだという
仏教優位の考え方が広く信じられてきました。

一方、明治政府は水戸学の影響を大きく受けていました。
水戸学では神道を重視していて、
天皇を神の子孫だと考えます。
そのため、明治政府は天皇を中心とした
国づくりを行うわけですが、
神仏習合の考え方とは相いれないものでした。

そのため、神道を国教にしょうとし、
(実際には国教にはならなかったものの、
神道は宗教ではないという方針を打ち出し、
政治に組み込みました)
神仏判然令という通達を出して神仏分離を実施。

これに明治政府の意図を汲んだ一部の民衆が過剰に反応し、
仏閣を破壊する行為などが各地で起こりました。
廃仏毀釈自体は明治政府が行ったわけではありません。

質問した人からのコメント

2019/4/21 20:23:24

詳しいお返事どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

maz********さん

2019/4/1712:48:36

長州藩が自分たちに都合の悪い寺院をつぶすために行った政策のことを廃仏毀釈と言います。

cor********さん

2019/4/1709:44:09

明治政府は、国家統合の基幹として神道を活用しようとしました。
幕府や藩主によって特権を与えられていた寺院は、明治政府にとっては近代化を進めるうえで阻害要因の一つでした。
明治政府は神仏分離を進めただけですが、寺院の横暴に苦しめられていたいた民衆が運動として廃仏毀釈を行いました。

k1_********さん

2019/4/1708:10:39

明治維新は、旧体制(幕藩体制)を否定の王政復古であるからして、天皇は、現人神とし{戦後は人間天皇宣言になったが)神道に沿った日本国の統治路線を鮮明にした。さらに、この路線上に西洋文明を取り入れ、いわゆる文明開化を推進、廃藩置県など断行、中世の時代から近代化への宗教世界へのメスを入れた政府方針の一環。さらに、考察されるのが、宗教界には特権があり、この特権に介入しこの特権をはく奪の目的もあったと(一種のリストラ)思われる。当時の明治政府といえば、新政府になったといえ、現在のような経済大国日本ではなく、百姓国家とも言っても過言でなかったゆえの国策だったみたい。現在では、宗教法人は無税という恩典があるが・・

eko********さん

2019/4/1707:55:46

薩摩と長州という日本人でない輩によって作られた偽官軍だったので、日本の美しい伝統を全否定して、自分たちに都合が良い新興宗教を作って国民を洗脳しようとしたのです。

kot********さん

2019/4/1707:51:46

廃寺になってそこに浄土真宗寺院が誕生する場合が多かったそうですが、政府内に
真宗関係者が多かったので計画的だったという話しがあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる