ここから本文です

IS曲線が右下がりであることを、利子率と国民所得という点からではなく、需要と供...

アバター

ID非公開さん

2019/4/1711:41:45

IS曲線が右下がりであることを、利子率と国民所得という点からではなく、需要と供給から見た場合、以下の考え方で合っていますか?

・利子率が増加する
・I=Sより、利子率の増加による投資抑制に伴い、貯蓄も減少する
・貯蓄が減少するため、国民所得も減少する
・国民所得が減少したことにより、需要が減り、供給が多くなるため超過供給を招く。

間違っていましたらご指摘お願いします

閲覧数:
13
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oot********さん

2019/4/1713:45:44

ヒックス体系のマクロ経済を需要と供給から見ることはできません.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる