ここから本文です

示談と和解は違いますか? あと、示談書作成したあとに、会ってお互い話し合い...

たこさん

2019/4/1807:02:09

示談と和解は違いますか?

あと、示談書作成したあとに、会ってお互い話し合いの結果、その場で決め事が増えたり、条件が変わったりした場合は、作成してきた書面に手書きで付け足したり、訂

正印をおして訂正したりしてもいいものですか?
無効になる、とかなりますか?
もちろん、お互いの自筆の署名、捺印はありです。

閲覧数:
26
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pic********さん

2019/4/1807:13:50

示談は話し合いで決めること。民事上の紛争を裁判によらず当事者間で解決すること。和解は民事上の紛争を、当事者が互いに譲歩して争いをやめる契約。互いに譲歩した示談は和解。裁判所で成立した和解は、調書に記載されると確定判決と同じ効力を持つ。
ですから、あなたが債権者なら和解(調停)含むを勧めますが、立場が弱い方でしたら、示談を勧めますが。勿論後日変更は出来ます。示談書は、追記せず、別途覚書を作成します。その覚書の事を明記して、どの部分の何を何に変更するという覚書を作成します。根本的に変更するときは、示談書変更確認書で変更します。

質問した人からのコメント

2019/4/18 12:01:18

…ということは、追記した書面はやっぱりいざという時に使えませんか?
お互いに弁護士を立てない取り決めのため、変更確認書をつくるまでいけるかどうかです。
相手は今のところ無料相談で書類作成してるみたいなので、そろそろ無料ではなくなり、弁護士費用を頼むとは思えないような方なので。
もちろん、追記した書面が、意味がないものになるくらいなら作ろうと思いますが…。

「示談とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる