ここから本文です

中国史の楚漢戦争について,これを描いた物語について,邦題として「項羽と劉邦」...

kar********さん

2019/4/2616:00:03

中国史の楚漢戦争について,これを描いた物語について,邦題として「項羽と劉邦」というタイトルがつくことが多いです。

メインタイトルではなくとも,副題のような形で「項羽と劉邦」という言葉が用いられることが非常に多いように思います。
そこで疑問に思ったのですが,この「項羽と劉邦」というタイトルは,司馬遼太郎の小説「項羽と劉邦」が元ネタとなっていると考えてよいのでしょうか。
それとも司馬遼太郎の小説のさらに元ネタとなったような小説・歴史書その他があるのでしょうか?

閲覧数:
26
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kbs********さん

2019/4/2616:35:10

「項羽と劉邦」というタイトル自体は書籍化に際して付けられたもの。
原題は「漢の風、楚の雨」だった。

元ネタは司馬遷:編纂『史記』卷7「項羽本紀」、第8「高祖本紀」をアレンジしたもの。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる