ここから本文です

元関脇、追風海が仮に首(頸椎骨折)と膝(前十字靱帯損傷)の怪我のどちらかさえ...

sim********さん

2019/4/2103:01:21

元関脇、追風海が仮に首(頸椎骨折)と膝(前十字靱帯損傷)の怪我のどちらかさえなければ技巧派大関に昇進していましたか?
それも横綱が狙えそうな強い大関に。
体重は平均よりだいぶ軽かっ

たですが前褌を引いて寄り切る相撲は上手さと早さと力強さの三拍子が揃っていました。
しかし上記の首の怪我の影響で頭から当たれず更に度重なる膝の怪我で片方の足はカカシのようになっていたらしく最高位は関脇を1場所のに終わりました。
タラレバを引退から13年が経過して未だに言うのもなんですが、もし首か膝のどちらかの怪我さえなければ技巧派の名大関になれたと思いますか?

閲覧数:
28
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bar********さん

2019/4/2413:37:42

追風海かあ。惜しい逸材だったよね。

首は大学の時にやったらしいから、膝かな。膝が無事だったら大関はいけたと思う。
首も無事だったら横綱だよね。

軽い体が災いした面もあったけど、千代の富士や霧島のような軽量でも強い力士になれたと思う。

膝を何度もやったからねー。
関脇の時も膝やって途中休場だったし、本当にもったいない。

俺が印象に残ってるのは、関脇で途中休場して公傷明けの西二枚目で、大関の雅山に勇み足で負けた一番。
公傷休場があったとはいえ、膝やってまだ完治してないのに、軽量の追風海が巨漢の雅山を正面から軽々と寄り切った(と思ったら、勢い良すぎて勇み足)。

130kgなかったから、今で言えば明生くらいの体重だったかな?
んで、高安を頭もつけず(頚椎やってたから、つけられなかった、が正しいかな?)寄り切る引きつけの強さは見事だったよね。

投げの強さもあったし、膝さえ無事なら…と思わずにはいられない。

引退後は板柳町議から青森県議になって、今年も無事当選して、今回で県議三期目。
北海道ほどではないけど、青森出身関取も減りつつあるから、青森の力士育成に県議として注力して欲しいね。

  • 質問者

    sim********さん

    2019/4/2516:21:52

    首の怪我は大学時代でしたね。膝の大怪我が度重ならければ本当に大関くらいはなれたかもしれないですね。
    更に頚椎の骨折がなければ本当に横綱を狙えたかもしれないですし朝青龍の独走を許さず良きライバル関係を築いたかもしれないですし白鵬の壁にもなっていたかもしれないですね。
    巨漢に対しても前廻しをさっと引き付けて速攻の寄りはまさに千代の富士のようでした。
    体重もせいぜい127キロと同体重でしたね。
    上体の力強さから引き付けての寄りや絶妙な投げは本当に魅力的でしたよね。
    青森はかつて相撲王国で沢山の横綱を輩出しましたしまた相撲普及に努めて相撲王国復活して欲しいですね。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる