ちはやふる41巻ネタバレ

アニメ、コミック | コミック717閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 なるほど、やっと納得いきました。でも、千早の発言に対してしのぶはかなり怒ってましたよね。ということは千早はしのぶに相談すること無く、炎上商法を狙ったわけですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます

お礼日時:2019/4/28 5:58

その他の回答(2件)

2

1は役割がどうとか言ってたけど、何を言い出すのかって感じ。元々そんなキャラじゃ無いし、なんで挑戦者の千早が、上から目線で自分が助けるやら1人にさせないとか言い出すのか? 普通は上の人間が、下の人間の真の力を引き出すってのが定番なのに。 おまけにすぐ1人じゃ孤独だの女王の気迫に圧倒されたりと、キャラがぶれぶれ。ずっと前からそうだけど、その場その場で盛り上がるシーン作ることだけ考えてて、言動に一貫性なくキャラぶれひどい。 「2人に同じ思い返す」言って心入れ替えたはずの太一も、「翻弄しに来た」「勝つ気ない」「千早と新のとこ行きたい」「お前がずっと邪魔だったんだよ!」とか、出てくるたびコロコロ変わってたし。熱血にしようと心の揺れとか描いてるつもりなんだろうが、とにかくブレブレ過ぎて、元々あった真っ直ぐさやひたむきさも全然ないうざキャラになった。 普通は成長するはずが、千早も太一も嫌な奴になってるし(新は弱くなったしなんなんだ?) 2はここまできたら千早だろうね。元々負けて終わったスラダンに不満あったらしいし。 ただあれだけ太一しか頭になく、カルタもやめたり準備不足で試合行ったり、新とクイーン名人戦な約束したのもすっかり忘れ、太一と(おまけに太一卑怯なまま新に嫌がらせしてるのに)名人クイーンなろうとする卑怯応援キャラになったくせに、ちょっと練習したら、すぐしのぶに追いついて勝ちましたー!とかフザケンナと思う。 人生かけてるしのぶがクイーンでいるべき。

2人がナイス!しています

2

作者が迷走してるから。 たいちふる始めてダラダラ引き伸ばし出してからどんどんおかしくなった。 元は男でも楽しめるスポ根言ってて確かにそこそこ面白かったが、太一失恋から作風変わり、ひたすらカルタは適当で、「太一に心変わり!?」で釣り続ける話になった。 太一が主役になり、卑怯なのにちやほやされ、カルタも爆上げですぐ新と並ぶ。 千早は太一の嫌な面は全く見ず太一太一言い続け、しまいに名人目指すでもなく翻弄や勝つ気ない言って、女目当てと新への嫌がらせ目的にカルタする嫌なキャラになった太一と一緒に、クイーン名人戦出ようとする始末。 物語の根本もキャラ設定もカルタもパワーバランスも全部崩れまくってしまった上に、本来描くべき千早の成長や、新の周防対策、千早と新の絆とかはすっかり置き去り。 太一負けて一区切りし、急に特訓やら勉強も頑張ってるやら、不安だわ新が支えやらと必死に帳尻揃えようとしてるけど、あんなぶっ壊れた後じゃ、今更感しかない。 引き伸ばしもどんどん酷くなり、廃車アプリやらSNSやら「私時代をちゃんと反映してるのよ!」っていうためだけに入れてる感じの本筋に関係ない小ネタや脇役の話も大量。アフタヌーンティーやら静電気やら高級布団やら「これ作者が最近体験したことでは?」てネタもやたら多い。着物やらオカルト系の札の見え方やら、終わる前に取材で仕込んだネタも全部入れようとしてる感じ。 その本筋に関係ないネタを思いつくまま入れる癖が酷くなり、カルタ以外での場外戦みたいなネタにばかり力を入れるようになっている。 元々練習サボってたやつが圧勝したり、姑息なのに勝ったり、作者都合でパワーバランスコロコロ変わり勝負決まってばかりと、カルタもどんどん適当に。 東西戦予選も全然面白くなかったし、太一の「翻弄」とか「お前が邪魔だ」とか、新も卑怯者扱いみたいにされ譲ったりとか、気持ちの悪い試合だった。 読者の予想裏切ろうと小細工し過ぎて、読者の望んでない方向に暴走してる感じ。 あとカルタで面白い試合描く力残ってないから、カルタ以外の方向で引き伸ばしてる。 千早のしのぶへの場外戦も同じ感じ。 本来カルタですべき勝負を、SNSの場外戦ってのがズレている。 「役割だ」なんか言ってるけど、作者も千早も勘違い甚だしい。 千早は子供の頃からの夢叶えるために、必死でカルタに打ち込み、努力の集大成として全力でしのぶにぶつかるべき。なのに格下で挑戦者の千早が「自分がしのぶを救う」だの「しのぶの力を引き出す」だの「私が悪役に」とか、何様なんだ? そのくせ覚悟示したかと思いきや、すぐ孤独だとか不安だとか緊張とか揺らぎ出すし、姉とドウデモイイゴタゴタしてべそべそ泣くわと、内面掘り下げてるつもりなんだろうが、キャラぶれぶれだしウゼーし本気度も感じないし、一体どこに向かってるんだ。 ダラダラ描いてる内に本来の方向性見失って、当初のキャラ設定も全部忘れてしまった感じ。おまけに前回描いたこと忘れたのってくらい、毎回盛適当にキャラ動かしてるうちに、キャラぶれどんどん酷くなり、辻褄も合わなくなり、迷走が加速してる感じ。 本来高校三年間でキャラ成長するべきなのに、メインキャラ全部変な方向に劣化して盛り下がっている(ヒョロと菫は成長したが) 千早は猪突猛進のカルタバカどっか消え、ブレブレメソメソ他人依存キャラになり、太一は部長とか頑張ってたのに、最後までカルタにも向き合わず千早目当てと新への劣等感男に成り下がり、新はどんどん弱くなりモブ化して、しのぶもご都合でボコボコ負けメンタル豆腐で誰でも気合い入れればすぐ勝てそうに落ちぶれた。 ご都合だけで実力も練習も関係なく弱い方爆上げで勝つ上に、千早>新>しのぶで確定済みだから、本来一番の見所のはずのクイーン戦なのに盛り上がりゼロ。 どうせ適当なピンチあって、千早が都合よくちはやぶって勝つんだろう。大した努力もしてない上に、こんな覚悟も信念もなくウダウダし幼稚キャラのままなのに、こんなのが最強やら世界一とかなんだかなーと思う。 昔の千早もちはやふるも、こんなんじゃなかったんだが。 もうずっと前に買うの止めたけど、ここまで崩れて面白くなくなるとは思わなかったよ。

2人がナイス!しています