ここから本文です

平成最後の衆議院補選で、公明党推薦の両候補は敗北しました。

gin********さん

2019/4/2911:00:04

平成最後の衆議院補選で、公明党推薦の両候補は敗北しました。

公認した安倍首相(自民党総裁)は、「補選敗北は残念な結果」とコメントしているにもかかわらず、なぜか推薦側の山口那津男公明党代表は今のところ(平成31年4月22日10時45分現在)一言もコメントを発しておりません。

推薦政党として責任を果たすために、政党ごと解散された方がいいかと思いますが、なぜそのような行動を取らないのでしょうか?

閲覧数:
72
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qta********さん

2019/4/2912:40:50

推薦と公認は違います。
公認で落選でも、党の解散はしないでしょうけど。

  • 質問者

    gin********さん

    2019/4/3007:11:21

    推薦とはいえ、創価学会のお墨付きがあることには間違いありません。
    当該候補が国の代表者としてふさわしくないのであれば、公明党も然りだと思われます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2019/4/2914:01:33

公認候補が1回敗北したら解散ってのは厳しいですね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる