ここから本文です

麻薬 マリファナ 覚せい剤

nhu********さん

2019/4/2513:30:26

麻薬 マリファナ 覚せい剤

それぞれ何が違いますか?
危険度はどれが1番高いですか?

閲覧数:
119
回答数:
11

違反報告

回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

enk********さん

2019/8/1011:39:05

麻薬って言っても色々ありますよ。狭義の意味でならオピオイド系(阿片に含まれるモルヒネ、コデイン、テバインそしてそれらに類似した化学構造の物質の総称)の物質全般です。
オピオイドは鎮静剤、マリファナは鎮静、幻覚剤、覚醒剤は興奮剤です。
最も危険なのは通称クロコダイルと呼ばれる粗悪なデソモルヒネです。これは咳止めシロップに含まれるコデインを原料にシンナーやガソリン、赤リン、ヨードなどを使用し合成されたデソモルヒネでヘロイン並の依存性と多数の有害物質を含みます。始めはロシアの貧困層の間で流行りました。主に注射で摂取されて、注射した部位は変色し壊死します。クロコダイルの使用者の寿命は1年以内らしいです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

and********さん

2019/8/1009:45:03

常習度合いなら
シャブが一番。

草は
随分下だなぁ。

麻薬は総称だろ?

uv2********さん

2019/8/701:20:27

ケシの実=覚せい剤、モルヒネ、麻酔薬、ヘロイン
麻=マリファナ
確か、コカもそうでしたが=コカコーラ=コカイン

mon********さん

2019/7/207:49:04

アルコールも含め、危なくない物なんて無いですよ?
ましてや非合法なら、受刑と言う危険も覚悟した方が良いですね…

アルコールも含め、やらないに越した事はありませんが、停めもしません…
自分の意思で決める物だと思います。
まあ、無ければ無いで生きて行けますけどね…
(´・ω・`; )

etr********さん

編集あり2019/6/2715:23:15

自身への害は
ヘロイン>アルコール>覚せい剤>コカイン>タバコ>大麻

社会的な被害を含めれば
アルコール>ヘロイン>コカイン>覚せい剤>大麻>タバコ

アルコールの場合、他人に対して実害を及ぼす可能性が高いので危険ですね。

ランセットの記載されていた情報を元にしています。

LSDやMDMA等は省いていますが、アルコールよりは安全なドラッグです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる