ここから本文です

作曲、DTM入門。なぜト音記号とヘ音記号を使い、両者は五線でのしるし方が違うので...

アバター

ID非公開さん

2019/4/2708:44:58

作曲、DTM入門。なぜト音記号とヘ音記号を使い、両者は五線でのしるし方が違うのでしょうか?

ヘ音記号の第1線がミの音だと、ルート音を書き記すときに便利なのでしょうか?

閲覧数:
78
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2019/4/2710:46:56

鍵盤の場所を表しているだけでしるし方も読み方もルールも同じです。
両者は加線一本を省略した延長線上にあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

***さん

2019/5/115:57:24

>なぜト音記号とヘ音記号を使(中略)うのでしょうか?

高音域と低音域は音部記号を別にした方が判り易いです。
ピアノ曲やアンサンブル曲のコンデンススコアのように、
ト音記号(高音部記号)とヘ音記号(低音部記号)を使った
上下二段の五線譜(大譜表)を使用すると音域の広い曲を
コンパクトに収めることができます。
だからだと思います。
また、上下二段なら左右両手で弾ける(場合が多い)ので
便利ですしね。


>なぜ(中略)両者は五線でのしるし方が違うのでしょうか?

同じ位置(高さ)にしても良いのですが、同じにすると大譜表の
上段(ト音記号側)と下段(ヘ音記号側)が繋がらなくなるという
不便さが生じるからだと考えられます。
一方、ト音を第2線(下から2番目の線=ハ音の5°上)にして
ヘ音は第4線(上から2番目の線=ハ音の5°下)にしますと、
真ん中のド(中央ハ)が、ト音記号の五線譜は下第1線になり、
ヘ音記号の五線譜は上第1線になります。
すると、真ん中のドを介して上下段の行き来ができるんです。
(例えば「下段の下からドレミファソラシ~真ん中のド~
上段のレミファソラシド」のようにです。)
これは便利です。
なので、この位置が一般化したのだと思います。


>ヘ音記号の第1線がミの音

低バス記号の場合(ヘ音の位置を第5線にしたタイプ)は、
ヘ音記号の楽譜も第1線が「ミ」になりますね。


>だと、ルート音を書き記すときに便利なのでしょうか?

特にそうゆうことはないと思います。
低バス記号が使われるのは稀(私は見たこと無い)ですので、
通常の楽譜に慣れている人は紛らわしくて不便だと思います。

(ご参考)
大譜表等http://musical-grammar.com/musicsheet004.html
音部記号https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%83%A8%E8%A8%98%E5%8F%B...


----------------
以下余談です。

>以前、専門スクールで作曲&DTMを教えていました.

?? 何を仰りたいのでしょうね。


>1種類の音部記号だけで楽譜を書くと、
>加線が多くなって見辛くなってしまいます.

とは限りません。
オクターブ記号(8vaや15ma)を使えば加線を増やさずに済みます。
1~2オクターブずらして1種類の音部記号だけで楽譜が書かれる楽器(移調楽器)もあります。
ギターやベースがいい例です。
これらは実音より1オクターブ高く記譜されます。
それによりト音記号を使うギターは下加線を3本に収めています。
(高音部が上加線では多くて見づらければ8vaを使えば良いです。)


>たとえば、ト音記号のみでエレキベースの楽譜を書いたら、
>下線が4本も5本も必要になります.
ベースはヘ音記号で楽譜を書いても下加線が4本以上必要になるので、1オクターブ上げて記譜されるのです。

この自称元専門スクールの作曲の講師さんはギターやベースの記譜音と実音の相違をご存じでないのでしょうか。


>つまり、楽器の音域に合わせ、楽譜として見やすいように、
>幾つかの音部記号が存在している、というコトです.

サックスのように、ソプラノであれバリトンであれト音記号で書かれる楽器もあります。
http://www.sonatine-music.com/finalelecture/brassarrange/instwoods/...

この自称(中略)の講師さんは管弦楽の楽譜を書いたことも見たことも無いのでしょうか。
講師をお辞めになった事情は存じませんが、辞任でしたら賢明なご判断だったと拝察されます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

T.M.BACHさん

2019/4/2720:02:29

細々とゲームサウンド制作に携わっています.
以前、専門スクールで作曲&DTMを教えていました.



お気持ちは、凄く良く分かります.

一生懸命、ト音記号の読み方を覚えても、ヘ音記号は別モノですよね.
できたら、ちょうど1~2オクターブ違いとかで、音符の位置と音名が
同じだったら、楽なのに…と.

ただ、「そういうルール」で世界共通に広まってしまってるので
今さら変えられないでしょうね.

ご存知かもしれませんが…
ト音記号やヘ音記号、さらにハ音記号は、その楽譜の
「音の基準をどの音にするか?」を定めたものです.

ト音記号の場合は…

「ト」という音は、日本語の「イロハニホヘト」の「ト」で、
ドレミ(イタリア語)で言うと「ソ」、英語では「G」です.
なので、ト音記号のデザインは「G」を基本にしています.

書き始めの位置の辺りが「ト」(ソ・G)の音になるようになってます.
五線譜の、弟2線ですね.
ト音記号は、主に、高音の楽器や声楽のために使われます.

逆に、ヘ音記号は低音用ですね.
ヘ音記号のデザインは「F」を基本にしています.
弟4線が「ヘ」(ファ・F)ですね.

1種類の音部記号だけで楽譜を書くと、
加線が多くなって見辛くなってしまいます.

たとえば、ト音記号のみでエレキベースの楽譜を書いたら、
下線が4本も5本も必要になります.

つまり、楽器の音域に合わせ、楽譜として見やすいように、
幾つかの音部記号が存在している、というコトです.

冒頭、ト音記号とヘ音記号で、見方が同じだったら
良いのにな~みたいなコトを書きましたが、
ピアノのように、この2つの音部記号を併用するモノもあるので、
「中央のド」を境界線にして、それより高音域を「ト音記号」、
低音域を「ヘ音記号」と、ザックリ分けた大譜表となっています.



ご質問の趣旨と異なるかもしれませんが、
何か少しでもお役に立てれば幸いです.

eos********さん

2019/4/2715:37:44

DTMの場合、ト音記号と、ヘ音記号自体がそもそもあるの??

ピアノロール表示だとありそうな気もするけど、キーボード系の楽譜だと、両手ともト音記号表記ってことのほうが、よっぽど可能性が高い気がするけど。。。


使ってるDAWソフトにもよるんだろうけど、基本はピアノロールよりも、横棒みたいな表示の画面でみんな作るだろうし、楽譜の概念自体、あんまりDTMとは関係無いような気がする。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/4/2710:17:43

>両者は五線でのしるし方が違うのでしょうか?

両者で一体、同じシステムを使っています。
真ん中の度を中心に対象になっていますよ。よく見てください。
ヘ音記号は上から数えてね。

>ヘ音記号の第1線がミの音だと

不便で仕方がありません。対称性が崩れて読めなくなります。というかト音記号と一緒で意味がなくなりませんか。

ヘ音記号が嫌いな人に。
この練習用の譜面を使ってください。
ヘ音記号の練習です。

https://musics4u.com/misc/f-clef.pdf

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる