ここから本文です

誰かが作った造語をブログやツイッターに掲載すると著作権にひかかりますか? そ...

kur********さん

2019/4/2913:52:45

誰かが作った造語をブログやツイッターに掲載すると著作権にひかかりますか?
その造語を使った文章はオリジナルなものになります。

閲覧数:
15
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ano********さん

2019/4/2920:15:28

殆ど問題にはならないと思います。
短い言葉はそもそも著作物ではありません。

https://japan.cnet.com/article/35048275/
> その調子では世の中の名前が全部予約済みになって、使える名前がなくなってしまいますね。ですからそういう風には考えません。ありていに言えば、タイトルや名称は通常、短すぎるから著作物にはあたらないのです。


登録商標としてなら短い言葉もごく狭い範囲で保護できます。しかし商標は商品やサービスのトレードマークとして使うだけなので、ただの文章に対しては効力がありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

set********さん

2019/4/2922:06:30

著作権侵害として罪になる可能性は限りなく低いですが0ではありません。
短い文章であれば基本的には著作物にはなりませんが、一方で俳句のようなものでも著作物と認められることがあります。

まず、その造語を作った本人が「著作権侵害だ」と訴えを起こし、その訴えをもとに裁判所が審議し、その結果、著作権侵害と認められれば、著作権侵害罪が成立します。
逆に言えば、造語を作った本人が訴えない。訴えても裁判所が認めないのであれば罪にはなりません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる