ここから本文です

郵便局はなんでセルフ重測器や切手の自販機廃止したのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2019/4/2918:19:33

郵便局はなんでセルフ重測器や切手の自販機廃止したのでしょうか?

たかが郵便一つだすのにゆうゆう窓口とか営業時間短縮ばかり続いて
何分も待たされる事が多いです、

10年ぐらい前までって機械に郵便物のせて自分で証紙発行できるきかいや
自動で切手がでるのがありましたよね

同じ絵柄で料金により数字が印字される

50円切手なら同じ絵柄で50と黒で印字され、80なら80と印字される
機械が集配局などにはおいてありましたよね、

なんでなくなったのでしょうか?

閲覧数:
60
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rva********さん

2019/4/2922:43:06

郵便局はもう郵便事業をコンビニに委託しては?
24時間だせますし、郵便の窓口、普段の日利用する人少ないし、オフィスがある郵便局だけじゃないですか?郵便の窓口が忙しいの。
ほんと、無駄な郵便局は廃局にしてほしい。
税金どろぼう。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tyo********さん

2019/4/2922:58:20

それは額面印字コイル切手。
これはエラーが色々出てトラブルが多くて程なく廃止。
額面の位置がずれるなどエラーが続出して廃止へ。

高額額面用の用紙が定額額面を印字されたりしてね。
これらのコイル切手もポスト設置された横にも置いて販売されていました。
民営になって切手帳、コイル切手は発行されていません。
発行されたのは平成以前の話。

切手の自動販売機。
横または縦に繋がった切手はコイル切手と言ってます。
これは意外と古く戦前からコイル切手は発行されています。
第1次昭和切手が1938年から発売。(昭和13年)
同時に10枚くらいまとめた切手帳も。
こちらは1年早い。表紙はない。

切手の販売はスーパーなどでも売れば利便性は多い。
料金支払いに後納、別納制度があるのでその必要がない。

これがアメリカならコイル切手、切手帳も沢山作っています。
その枚数も1万枚とかね。
切手帳も両面について20枚とか。
その枚数の形も4種くらい出る。
郵便には切手を貼る、別納、後納制度がないため。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

pos********さん

2019/4/2920:04:36

経費の問題ですね
専用の機械でしたので硬貨ですし500円硬貨が利用できない事例もありました
今はコンビニでも切手は買えますので探してみてください


切手葉書の自動販売機で今買える種類
http://yubin.2-d.jp/y5/28.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる