ここから本文です

ミシュランのパイロットスポーツ3や4の縦溝は内側よりに幅の広い溝があり、外側...

eng********さん

2019/4/3013:40:51

ミシュランのパイロットスポーツ3や4の縦溝は内側よりに幅の広い溝があり、外側に細めの溝でなおかつそれも中央よりで、外側の面積を広めに保っていますが、あれは優れたパターンですか?

コーナーでのグリップでアウト側の接地面積を確保して、高速道などのハイドロプレーニング現象を回避するために太い縦溝を内側よりの配置するって事でしょうか?

他のメーカーはだいたい4本均等に配置されていて、幅も4本とも普通の幅なのが多いですよね。
どう違って、どっちが優れているのでしょうか?

閲覧数:
60
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2019/5/107:08:56

グリップ向上のためランド比を上げ(ボイドレシオを下げ)ながらも、排水性を確保するための工夫です。

http://tire-navigator.com/archives/12759
http://nansei-car.net/info/20160419/michelin.pdf

質問した人からのコメント

2019/5/4 23:21:25

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる