ここから本文です

五木寛之の作品の中で、金沢のうどんの味を「寝ぼけた味」と書いています。どの作...

pin********さん

2019/5/111:56:37

五木寛之の作品の中で、金沢のうどんの味を「寝ぼけた味」と書いています。どの作品で書いていたのか思い出せません。ご存じの方、教えてください。

閲覧数:
33
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/5/112:12:34

『新金沢小景』の「金沢のうどんは、関西のように殊にコクがあるわけでもなく、関東のように濃い味でもない。ちょうど中間の、ややたよりない味なのだが、そこが持ち味ではあるまいか。うどんそのものもコシがあるような、ないような、いかにも前田家ゆかりの町らしいうどんなのだ。たよりないところが旨い、といえば身びいきと取られそうだ。ネギも中途半端である。京都のように青いネギでもなく、東京ふうの白ネギでもない。どっちつかずの金沢のうどんは、まことにその土地の気風をよく反映しているように思われる」ではなく?

  • 質問者

    pin********さん

    2019/5/117:49:20

    ありがとうございます。う~ん、でも違うような…。キーワードは『寝ぼけたような味』なんです。小さいころに金沢のお多福のうどんを食べていました。確かに、『寝ぼけたような』頼りない味です。言葉として、この『寝ぼけたような』というフレーズを彼は使っていたました。それが、どの作品だったのか…?ご指摘の新金沢小景ではないような気がします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる