ここから本文です

投資信託について教えてください。 20代前半です。 銀行に行き窓口の方に“投資信...

pir********さん

2019/5/116:04:40

投資信託について教えてください。
20代前半です。
銀行に行き窓口の方に“投資信託”を勧められました。
しかし“投資信託”がよくわかりません。
“つみたてNISA”も一緒に申し込むのがおススメ

だと言われました。
語彙力と文章力がありませんが回答お願いします。
例えば毎月5千円口座から引き落とされ自動的に投資信託が購入するします。
その5千円は積み立てられるのですか?1年間で6万積立るという意味でしょうか?
投資したお金がどこにいくのかがイマイチ理解できていません。

閲覧数:
691
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mik********さん

2019/5/116:34:45

まず大前提として、銀行窓口で勧められるようなものを安易に契約しては絶対にだめです。投資信託にはわずかにコストがかかり、それが長い間つみ上がると馬鹿にならない差になります。勧められるものはそのコスト(金融機関の儲けなど)が高い傾向があります。

また、中には詐欺まがいなものを大きな金融機関が平然と勧めてくることもあり、結構問題になりました。とくに毎月分配型と言うのは気を付けてください。

基本的に、SBI証券や楽天証券等(私はSBI推し)などネット証券で、低コストで優良なものを買って行く以外に選択肢はないです。

で、その投信とはなんぞやですが、簡単に言えばテーマに沿って投資するのを、運用先に任せる投資です。テーマとは、世界のIT企業だとか、ロボット関連だとか、米国全体の企業だとか、無数に種類があります。

例えばネット証券で買う「三菱UFJ国際emaxisslim先進国インデックスファンド」は、2018年投信ブロガーが選ぶno1ファンドに選ばれました。(emaxisと、emaxisslimは違いますので注意)このファンドは、世界の株式の浮動株時価総額比率に応じて、先進国の株式に投資します。毎月5千円積み立てれば、年間6万円がこれらの国の株に向かうということです。

他にも例えば、最近有名なロボアドのウェルスナビというものは、上記の浮動株時価総額の他、ゴールドや米債などもでも構成されているので、そういうものにもあなたの6万円が向かうことになります。あなたの状況に応じて、その比率を最適化してくれます。

個人的にはNISAである必要は私はないと思います。
あとは、ともかく投資は自己責任で、あとから知らなかったでは通じません。よくわからないうちは辞めておくか、よく調べてから買ってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「投資信託」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bab********さん

2019/5/801:04:56

投資信託は金だけ払って後はプロが運用してくれる。月5000円なら毎月積み立てが5000円増えて、運用成績に応じて配当利回りが加算されるが、悪ければ逆に元本割れする。

口座を開設するに当たって普通の口座だと税金掛かるがNISA口座で開設なら非課税、ただし年間上限額40万。

税金は利益に対してのみ20%

どっちみちやる意味ないけど

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kis********さん

2019/5/400:20:19

まじで自分でググったほうが良いよ。
人生損する。

あと、ほかの人も言ってるけど銀行の窓口なんてロクなもんじゃない。
彼らと我々は利益相反している。

投資信託っていうのは、サルに例えると
ボス猿がいて、子分のサルたちがボス猿にお金を預ける。
ボス猿は預かったお金で株や債券を売買する。
利益は子分のサルたちに分配するし、損失も子分のサルたちで分配される。

要は、子分のサルたちは自分で売買できないからボス猿に代わりに運用してもらうって話。

z87********さん

2019/5/119:08:18

投資信託とは
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/learn/about/

積み立てNISAとは
https://www.rakuten-sec.co.jp/nisa/tsumitate/

例えば、毎月5000円積み立てるとすると、年6万円の積み立てだ。
これを10年~20年続けられるというのであれば、
ネット証券に口座を開設し、するとよい。
別に3000円でもよい。トコトン継続することだ。

但し、株式を含むものに投資していくので、上がったり下がったりする。

が、国際的に分散するか、米国に投資すれば、過去は、うまくいっていた。
未来はわからない。自己責任ってやつだ。

積み立てていることを忘れるくらいでよい。

ちなみに、私は積み立てている。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ope********さん

2019/5/116:53:50

答えがもう出ていた(^_^;)。

一行にまとめると、

どんな投資商品であっても、金融機関や証券会社が勧めるもの=勧める方の利益になるもので、基本的に申し込むべきものではありません。

試しに、その投資信託の仕組みやリスクを勧めた行員に説明してもらってください。恐らく、ろくな説明は出来ないと思います。

miu********さん

2019/5/116:17:29

その理解でいいです。投資したお金で 投資信託が買われて、あなたの保有になります。つみたてNISAも 大変良い仕組みです。

ですが、その銀行に義理があったり 担当者と親しくなりたい等の、目的がなければ 銀行でつみたてるのは、お奨めできません。

銀行や対面の証券会社等は、販売手数料と信託報酬のバカ高いものしか 奨めません(その利益で食ってますから)。それらが バカ高いと、一般的に買う方は不利です。銀行で販売手数料を上限一杯に取るのに ネット証券では取らない投資信託さえ、あります。

老婆心ながら ネット証券で、販売手数料ゼロ 0.3%以下の低信託報酬のものを 買われることをお奨めします。特に初心者の方には お奨めです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる