ここから本文です

オーバーロードという有名なアニメを友達に勧められたので一気に見たのですが、何...

アバター

ID非公開さん

2019/5/723:17:45

オーバーロードという有名なアニメを友達に勧められたので一気に見たのですが、何故あそこまで人気になったのかが分からりませんでした。主人公は異世界に行く前ではただの廃課金ゲーマーだったのに、自分が強くなっ

た途端、威張りだし、自分が人間だったということを忘れたかのように、人間に対し胸くそ行動を繰り返す、現実世界で上手くいっていない作者の醜い一面を見ているようでイライラしかしませんでした。いつか更生するのかなと思ってIIIまで見ましたが、最後までただの胸くそアニメのように私は感じてしまいました。しかし、オーバーロードを知っている友人達には私のような感情で見てた人がいません。私だけこのような感じ方をしているのでしょうか?皆さんの見た感想を教えてください。

閲覧数:
338
回答数:
17

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

let********さん

2019/5/1200:51:49

●>>「主人公は異世界に行く前ではただの廃課金ゲーマーだったのに」

主人公のいた2100年代の世界は義務教育制度が崩壊し、一部の富裕層以外は『意図的な貧困層』として奴隷のような過剰労働を強いられるディストピアです。

環境汚染も深刻で、空は黒色のスモッグに覆われ日照不足で植物は死に絶え動物や昆虫種も急速に数を減らしているような状態であり、水質汚染で河川は水とは思えない色をしており、蛇口には浄化用のフィルターを付けなければ水道水は有毒なレベルです。

現代の中国などとは比べ物にならないほど有害物質に大気を汚染しており、防毒マスクの着用なしでは外出すらままなりません。

主人公に限らず日本国民の大半は「ネットゲームなどの仮想現実を利用した空間でしか自然や外出を楽しめず、交友関係を持つことができない」ような世界なのです。

現代日本の「ただの廃課金ゲーマー」とは仮想現実に対する感情が全く異なります。
オーバーロードに置ける大部分の日本人にとって仮想現実は『もう一つの現実』に他なりません。

まして主人公は両親を若くして喪い(主人公を小学校に通わせるための学費を稼ぐために過労死)小学校を卒業してすぐにブラック企業で働き始めました。
仕事に追われる日々で恋人はおろか友人を作る機会も得られず、仕事以外の人間関係を築ける唯一の場が『仮想現実のユグドラシルというゲーム』でしかなかったのです。

これはアニメで説明が不十分な点が問題でもありますが…一口に「ゲーム」と言っても重みが全く異なる事はご理解ください。



●>>自分が強くなった途端、威張りだし、自分が人間だったということを忘れたかのように、人間に対し胸くそ行動を繰り返す

主人公は『威張りたくて威張っている』わけではなく、意志と人格を持ったNPCの配下達に対して『彼らから求められ、信頼を損ねない主人、絶対者、統治者』として振る舞う事に腐心した結果です。

意志を持ったNPC達は忠誠を見せてはいましたが「その忠誠が絶対不変である保証はない」と主人公は考えているため、絶対者として、侮られないために強者であろうと振る舞ているだけです。

また、アンデッドととして人外化した影響で精神は変質しており、もはや『人間の精神とはかけ離れた精神構造』となっています。

・人間を同族とは思えなくなっている。
・人間に限らず、自分の配下や身内となった相手以外への殺傷行為に躊躇いが消えた。
・強い感情を抱くと強制的に抑制され、一定以上に喜ぶことも悲しむ事も怒る事もできなくなっている。

などです。人間としての精神は僅かな残滓として残っている程度で大半は『アンデッド・人外としての人格』で形成されています。

胸糞かどうかは質問者様の好き嫌いの問題、見方の問題ですね。



●>>「いつか更生するのかなと思ってIIIまで見ましたが、最後までただの胸くそアニメのように私は感じてしまいました」


オーバーロードは「悪が滅び善が勝つ」というような『勧善懲悪』ではなく…。
現実と同じように「強い者・国・種族民族が弱い者の生殺与奪を握る」いわば『弱肉強食』をテーマとして描いた作品です。

戦隊ヒーロー物のような「悪役」がいてそれを打ち倒す「正義の味方」がいるといった、単純な善悪の二元的対立構造ではそもそもありません。


『正義・善』とは人間・亜人・異形などの種族や、国家ごとにそれぞれ異なっており、

「この国が正義」「あの国が悪」
「人間が正義」「亜人や人外の存在は悪」

といった稚拙な物語に見られる様な解りやすい役割を与えられているわけではないのです。
当然同じ種族・同じ国の人間でも思想やそれぞれが準ずる『正義・善』は異なります。

『正義・善』とは個々人や組織・国家・種族など共同体が、それぞれ個別に掲げている「思想」「価値観」「方針」に過ぎません。

そして『悪』とは「相反する思想・価値観・方針」をもつ他人や他国、別の種族…つまり『私(自分・組織・国・種族)が掲げた正義に対立する誰か』に過ぎないのです。

【己の正義の対岸に立つ者を悪と呼ぶ】ただそれだけの事なのです。


主人公は「自分と配下達のため」なら人も亜人も異形も必要であれば殺し、拷問にかける事さえ厭いません。
それは他人から見れば非道でも『主人公にとっては正義であり善』です。

そして主人公に限らず作中の登場人物や国家・種族は「己や己の仲間のためなら他の存在を虐げて滅ぼすこと是とする」というのが基本思想です。


・スレイン法国の偽装騎士はリ・エスティ―ゼ王国の村をいくつも襲撃しては村人を虐殺し、火を放って村を焼き払いました。
しかし、スレイン法国は「王国の力を削ぐことでバハルス帝国に併呑させて、より多くの人類を守る」という『正義の目的』の元にこういった行いをしていました。

法国特殊部隊『陽光聖典』は周辺国家最強の戦士であるガゼフを殺害することで王国の力を削ぎ、王国と帝国の合併を早めようとする努力の一環です。

オーバーロードの異世界では人類国家が結束しなければ、あっさり滅んでしまうくらい亜人の国家の力が上で、法国の行いは「殺された村人や王国から見れば悪」でも「法国から見れば正義」であり「人類全体から見ても正義」でありました。


・亜人国家は大陸中央に集中しており、人類国家は生存競争に負けて大陸の端の方に追いやられています。
法国が瀬戸際で食い止めなければ人類は絶滅の道を辿っていてもおかしくはありません。

亜人の国では『人間=食料』と言う国も珍しくはありません。
トロールの国家では「客人をもてなす最高の食材は妊娠六ヶ月目の赤子」らしいですし、扱いがマシになったミノタウロスの国や人間を食べない亜人国家では『人間=奴隷』です。

人間側からすれば亜人は悪でしょう。
実際大抵の人間はそう思っていますし、国家規模で亜人を敵視する所が殆どです。

しかし、亜人からすれば「人間を殺す」「人間を食べる」「奴隷として扱う」はどれも正しい事・普通の事です。

『人間を殺すのは悪』なんて思想は人類の中でしか通用しません。

生存競争に負けて滅ぶとしてもそれは弱い人間が悪いのです。


・帝国は王国に対して形ばかりの戦争を毎年しかけていました。
王国は近衛騎士や王城守護の兵士はいても、外敵に対する備えとなる専業軍人がおらず、各貴族の領地から徴兵される農民が戦力を形成しています。

農民が兵士として徴兵されれば、農作物からなる税収は減り、国は疲弊します。
各村の農民たちは元々カツカツの生活であったのに、収穫量が減った状態で同じように税を取られ生活が困窮し、子供を身売りするものや餓死者も大量に出ているような状態でした。

それでも形だけとはいえ、戦争を仕掛けられて徴兵しない訳にはいきません。
兵を揃えなければ一方的に侵攻を受ける事になりますから。
そして帝国は傷を負わず僅かな労力で王国を真綿を締めるようにじわじわと崩壊させようとしています。

帝国からすれば「自国の発展と自国民の幸福のために王国がどうなろうと構わない」と言う考えです。
国際社会の目があるので露骨ではありませんが「他国を滅ぼしてでも国益を得る」ことは国家としては正義・善と言えるでしょう。

勿論、王国から見れば悪ですが。


「更生」と質問者様は仰いましたが、このような『弱肉強食』がひしめく世界で一体何をもって「更生」とするおつもりなのでしょうか?



>>「現実世界で上手くいっていない作者の醜い一面を見ているようでイライラしかしませんでした。」

作者は社会的な地位のある会社員です。
質問者様がどのような人物像を想像していたかは存じませんが…作品の内容と作者の実像が乖離していることはままある事ですし、『作品は作品』であり創作物でしかありません。
無論、作者が作中の登場人物になどに自己投影しているとも限りません。

むしろ『会社勤めをしながら趣味でネットに投稿していた小説』が

「国内で販売部数800万部」
「海外で売れているライトノベル部門一位」

となるような才能あふれる人物が上手くいっていないとは思い難いと私は考えています。

課長に昇進されたようですし、誤解を恐れず言えばいわゆるリア充と呼べる部類の人間ではないかと。



作品に対してどのような感想を持とうとそれは視聴者の自由であり、

「面白い」「好き」といった『肯定的な感想』
「つまらない」「嫌い」といった『否定的な感想』

どちらも等価です。

しかし「現実世界で上手くいっていない作者の醜い一面」など作者への一方的な偏見は感想とは言い難い。


私は普通にオーバーロードが好きです。

上述したように単純な『勧善懲悪』にならず、一貫して『弱肉強食』というテーマを描きそこから逃げない姿勢が好ましいです。

主人公サイドに敵対する側に感情移入することもありますし、「死なないでほしかった」と思うキャラクターも多いです。
胸糞だと感じる部分もあります。

しかし、主人公はあくまで『弱肉強食』を不変のルールとして「自分より強い者が現れれば奪われる側になるのは自分である」という事を念頭において、気を抜かずに行動しているだけです。
殺される側にも大抵「それなりの理由」があるので今の所、読んでいられないと思うような展開になった事はありませんね。

『自分たちの益にならない非道や殺戮』はなるべくさけて、友好的に交渉で済ませられる場合はそちらを取ることも多いですし。

なにより「その場の感情」「謎の善意」より、まず「損得勘定利益優先」が主人公サイドに限らずほぼ全てのキャラに共通していることが素晴らしいと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「オーバーロード」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sai********さん

2019/5/1423:04:49

質問者さんだけではないと思います。
オーバーロードアンチで検索すると色々出てきて同じような事を書いている人たちがたくさんいます。
一部分をコピペしても
・少しの間一緒に冒険した旅仲間が殺されてもちょっと不快になっただけ
・ゾンビ軍を殲滅する手柄を1人占めするために邪魔されないように悪霊を放つ
・何も悪いことをしていない亜人のリザードマン集落をゾンビ素材のために虐殺
・部下のゾンビ軍が破れたらゴミだから気にするなとのこと=ゴミ素材のために人殺しを平気で行っていた
・リザードマンの勇敢な戦士を助けたいと懇願する部下のコキュートスの話を損得勘定だけで判断
・魔法を詰めるスクロールを子供の皮剥いで作成→ヒールで回復の無限ループ
その際に痛みを無くす処置は出来るけど必要ないからしない
・人間を家畜として飼い、2家族の子供をそれぞれ丸焼きにし食卓に出し、
お互いの家族の子供を見えるように交換しスキルで強制的に食べさせる
・意図せず拉致した民間人1万人を家に帰すとややこしいので全員殺害
・1人の女性を助け、救いたいと懇願するセバスに裏切りの疑念を掛け、
報告しなかったと憤慨し、その後は損得勘定だけで判断
・ゴキブリの大群に体の中から食わせてヒールを繰り返し調教を行う
・管を刺して体を吸う→ヒールを繰り返す意味のない拷問を繰り返す
・自分で誘い込んだ冒険者を下らない金目当ての犯行で重罪だと拷問→ヒールで無限ループの計
(自身はMMORPGで数々の遺跡を冒険し下らないゲームをしていたはずなのだが?)
・居城に侵入させるという、車の当たり屋ばりに罠に嵌めることに成功した後、
相手の城に唐突に乗り込んで100人以上虐殺させ、同時に謝罪を要求
・敵(と言ってもこの前までギルドで世話になった王国民)の7万人を虐殺しご満悦
その死体から作られる化け物たちで逃げ惑う王国民をさらに虐殺し超満足
そんな中、その当事者のガゼフには部下になれと命令
・頭が悪く自分で発言しないようになる、部下に発言させ俺の考えてた通りだと追随するようになる
・ここまでで反省、後悔、部下への叱責無し
とかです。
全く普通です。

因みに私は面白いと思っています。

ryu********さん

2019/5/1420:52:03

オーバーロードはよく賛否が別れる作品なのであまり気にする必要はありません。
私もあまりオーバーロードは好きではないのですがたまにあるギャグパートみたいなのは好きでした。

por********さん

2019/5/1406:10:11

>何故あそこまで人気になったのかが分からりませんでした。

普通に考えて、知略・暴力・暗殺 etc.がはびこる
あの劣悪な環境(転移後の世界)において、

守るべき身内にほとんど死者を出していないって、普通にすごい事です。


他の方も書いていますけれども、普通の物語だと主人公側に正当性や
大義名分を持たせるため主人公側に多大な死傷者を出すのが普通です。
しかしアインズ様は守るべき身内に被害をほとんど出しません。

大抵の主人公は守りたいものを守れず失いそこから成長します。
確かに主人公の成長と言う観点で見たなら必然とされる物です。

しかし裏を返せば、単に主人公が非力なだけとも言える。
はっきり言って、守りたいものすら守れない能無しである。



これを一国の長に当てはめて考えたなら分かりやすいか。

敵国からミサイルが打ち込まれ本土が焦土と化してから
ようやく軍隊を動かし、最終的に敵国を無力化するのと。

本国にほとんど被害を出さずに敵国を無力化するのと、
国の大義名分の為に犠牲にさせられる国民の目線からして
いったいどちらがより優れた、民が求める指導者ですかね?。

国民の目線からしたなら、普通に考えれば
自国の民にほとんど犠牲者を出さずに敵国を打ち負かす
指導者こそ優秀な、真に望まれる指導者なはずです。

つまりはナザリックに被害らしい被害を出さない
アインズ様なのです。

私達はこれぞ理想の指導者と知っている
もしくは、心のどこかで思っているから
オーバーロードに魅力を感じるのです。

har********さん

2019/5/1111:10:00

>主人公は異世界に行く前ではただの廃課金ゲーマーだったのに、
>自分が強くなった途端、威張りだし、自分が人間だったということを
>忘れたかのように、人間に対し胸くそ行動を繰り返す、
>現実世界で上手くいっていない作者の醜い一面を見ているようで
>イライラしかしませんでした。

まあ貴方がイライラするのも分かるんですけれど、
でも、よーく考えてもらえば分かると思うのですが
オーバーロード作品における移転後の世界において
ナザリック勢が、ごたごたを起こさずに済むとか、
勧善懲悪とするのって、無理があると思いません?。

勧善懲悪の物語を成立させるためには悪役が必要で、
ナザリックに対しその悪役を成立させるためには、
主人公側が相当の被害を受けなければなりません。
なぜなら、「正義」が「悪敵」を倒すと言うのは
大抵が敵(悪の組織・国)の殲滅を意味します。
殲滅行為に正当性を持たせるには、それと同等か
それ以上の被害を主人公側が(ナザリックが)
事前に受けていなければなりません。

では、ナザリックが移転後の人類から
それ相応の被害を受けるって、何を意味しますか?。

ナザリックが移転後の人類から被害を受けること自体は
モモンガ・アインズ様が無害でものすごーく良い人なら
何ら矛盾無く起こる可能性はあるのです。

なぜなら移転後世界の人間とはナザリックにとって
恐ろしく敵対的な存在だからです。



先ず オバロの移転後の世界の人間は、王国なら冒険者が、
帝国なら主に専業軍人が、法国は六色聖典などの特殊部隊が、
聖王国は徴兵と聖騎士が人間以外の存在を狩り殺しまくっています。

もう一度書きますよ?、 オバロの移転後の世界の人間は、
普段から日常的に人間以外の存在を狩り殺しまくっています。
その世界の人間に取って人外は討伐の対象でしかないからです。
ですからナザリック勢が人間とごたごたを起こさないなんて無理。
となるとですね、残すは勧善懲悪のストーリーとなりますが・・・

ワーカー編を見てもらえば分かる通り、彼らは対象の住まいに
許可なく勝手に入り込み、家財を盗み荒らし、住人を殺したり
エルフの様に容姿の整った者は攫って奴隷にしてレイプしたり
拷問したり重労働に駆り出したりと蹂躙の限りを尽くしてます。
原作ではあと数年でエルフの国は滅ぼされる事になっています。

ではこの前提を頭に留めた上でナザリックとはどういう所ですか?

ナザリックとは高レベルNPCを有するだけの場所ではありません。
戦闘力を有さない容姿の整った一般メイドが多数住む場所であり
ほとんどの住人が人間にとっての討伐対象 "人外の存在" な訳で、
その上に大量の財宝・希少アイテムなども保管されている場所です。

もしもナザリックが移転後の人類から蹂躙を受けた場合、
その被害の内容は、当然の様にエグイ物となります。

低レベルNPC達は間違いなく皆殺しに遭います。
一般メイドは間違いなく攫われ奴隷となりレイプされますが、
質問者さんはイライラせずにそれらを見ていられますかね?

それ以前にナザリックの惨劇をゆるしてしまった
モモンガ・アインズ様のお馬鹿な上にその無能っぷりに
質問者さんはイライラせずに見ていられますか?

もしもモモンガ・アインズ様の頭の中がお花畑で、
全NPC達に人間に対しての攻撃を固く禁じた上に
ナザリック内部に外の人間たちを招くために
POPモンスターやデストラップ等をOFFにして
現地の人間と関係性を持ったとしたなら、

宝物殿を除きナザリックの大部分の情報が洩れただろうし
人間達は間違いなくその情報を元に戦略を立てて
ナザリックを攻略しに掛かります。

そんなマヌケ、見てる方がイライラしませんか?。

つーか、もしもそんな事になったら・・・

NPC達を宝と公言し、多くのNPCに対しては仲間の子供の様に認識。
特にマーレに対しては「ぶくぶく茶釜さんにも渡したくない」と
もはや自分の家族の様にNPC達を愛するモモンガ・アインズ様が
人間たちにナザリックを蹂躙され愛するNPC達を汚されたなら

モモンガ・アインズ様は正義なんかじゃなく復讐の魔王と化しますよ。

結局の所、正義の鉄槌だろうが魔王エンドだろうが
人間たちが殲滅される事には変わりないのですよ。

つーか、現行のストーリーよりも人間たちは酷い目に遭います。

そう言う意味では本作のアインズ様は良くやっていますし、
オーバーロードに勧善懲悪を求める事に意義など感じられません。
勧善懲悪を求めてもナザリック勢が多大な被害・損害を受ける上に
人間がより酷い末路をたどり、今以上に後味が悪くなるだけです。

mur********さん

2019/5/1010:22:37

ただ単に設定を理解してないからじゃん

これで胸糞って言ってる奴はお子ちゃまなので
小説や新聞読むことおススメする
そうすれば違う視点から見れるようになる

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる