ここから本文です

日本はバカな国、10連休とか言ったって休めたのはサラリーマンや官公庁の人とか

アバター

ID非公開さん

2019/5/808:18:39

日本はバカな国、10連休とか言ったって休めたのはサラリーマンや官公庁の人とか

その人たちのためにサービス業の人などは休めない、おかしいでしょ みんな休めばお店には行けない いったい何のための10連休だったのか、サービス業の人とかそう思いませんか
あと、出ないとお金にならない人たちや病人の人などは関係ないし迷惑でしょ。

補足私は別にサービス業ではないですよ
単に全体の事を思って言っただけです
さぞやお店の人は休んでる人をうらやましいと思ってるんではないかと。

閲覧数:
34
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ove********さん

2019/5/808:29:47

役人のために机上で決められた連休だから。
正月や盆休みの本来の意味からすると、旅行やレジャーの為に休みを増やすのは本末転倒。

  • ove********さん

    2019/5/809:44:23

    【補足】
    サービス業もだけど中小企業の経営も月の1/3が休業だからキツイだろうな。

    質問時様へではありませんが、10連休が羨ましいサービス業の従業員も居ると思いますし、
    愚痴られても政策の偏りによるものなので、転職しろとか職業選択の失敗などとはいえません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/5/9 22:09:21

私の事はどうでもいいんです、私の質問は全体的なことを言ったまでで、テレビでも言ってたけどだったらサービス業の人も好きなときに10連休取れるようにしなきゃいけないです。だいたいもうこんなバカな連休は今年だけにして欲しいです、働かなきゃ給料にならない人にとってはちっともありがたくないです、弊害が大きいです、あっちもこっちも休みでとても迷惑でした。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sdp********さん

2019/5/808:46:47

欧州の夏休みはもっと長いがニース等の観光労働者はあなたの言う休めない、おかしいは同じ。

ですから、サービス業の指摘は重要だとは思います。

近年は非正規労働が多いのが問題で、望まない非正規もかなりいます。諸外国はこの部分を日本以上に外国人労働者に押し付けているとも言えるでしょう。



原因の一つは内外価格差ですが、これは他のアジア諸国が年々所得が伸びているので、日本の場合は減少傾向もありえます。しかし、それだけでは非正規はなかなか減りません。



他の原因の一つは比較的定期的な消費波と感じます。


定期的な消費波について


季節労働はありますが、季節を堪能するという意味ではやもえない面もあります。しかし、検討は常に必要だと思います。一つのヒントはハワイで比較的暇な時期にマラソンをやって消費を誘致していると言えます。こうしたイベントの日程が一つの手法でしょう。


また、曜日制度が万全かどうかの見直しも検討すべきではないかと考えます。何故かと言うと女性労働が過去の50年ぐらいで倍になってきましたが男性同様に平日労働中心者が多く、つまり多数派が消費を週末の短期に行う為混み合う傾向があり、逆に少数派が平日に行う為消費不足になる傾向があるというアンバランスです。しかも、女性労働の飛躍でこのバランスが更に悪化してきたでしょう。

ここで取り組みのヒントとして、1つの例を出します。

2011年東日本大震災直後の夏に電力不足の為に工場等が週末稼働・平日休みにしたところ、景気が良かったようです。広島の中国新聞の報道ですが、売上が上がったお店やレストランがありました。20%上がった飲食業もあった様です。平日の売り上げが上がったからだそうです。

工業時代では倉庫に製品を貯める事で、結果として工場労働の平滑化を行っている部分もあって助かっているのですが、サービス化時代は例えば飲み屋も平日の日中ではそれほど利益がでません。観光も週末のたった2日で利益を上げろと言っている様なものです。このサービス化時代の平滑方法のヒントに2011年夏の事実が使えると思います。

例えば、地域ごとに曜日を分ける3エリア方式。これは、休みが増えるわけではなく地域によって休みの曜日をずらすと言う意味です。儲からない構造を変えないといけないです。週2日の営業で正規労働者を増やせないでしょう。また、割高なのも儲からないからです。安く出来れば、回数もふやせるでしょう。

旅館で働く事を想像すれば分かります。或いはゴルフ場や遊園地でもいいです。週二日働いてどうやって稼ぐのですか。非正規を正規に出来ません。これがサービス社会です。実は役所や銀行の窓口週末対応が重要です。更に企業サービス業での工事やビル管理等でも週末対等が物凄く多いのも事実で、こちらの現実は労働体験者以外で理解する事はないでしょう。

これらは倉庫の無い製造業のようなものです。倉庫無しで、つまり製品在庫を置けない状態で、工場稼働をしてみれば、私の言っている意味は分かります。物不足が多くなり大不景気です。倉庫無しにお店の依頼量に対応するには例えば、週末の販売に対応するなら当日か前日に生産が忙しくなるでしょう。週末は休めない。特に大きい物はお店に沢山置けませんから、その時々の消費量に合わせて働く事になるでしょう。平日はあまり仕事が無く、逆に大型連休では生産が追い付かず、物不足で直ぐに買えません。実際週末向けサービスの現場とはこういう現状です。


その他の理由。



世界的に医療で週末の死亡率の高さの問題が指摘されています。

日本でも以前数度程度おきた救急のたらいまわし死亡も、週末や週末周辺がありました。理由は人不足という事でおちつきましたが、他の理由として、例えば、救急指定病院なのに週末は断っていたという現実がありました。


災害等で週末の場合に対応が遅れ被害が拡大した例もありました。

tom********さん

2019/5/808:44:31

10連休でメリット/デメリットはある。
観光地は収入が増えてメリットでは。

>出ないとお金にならない人たちや病人の人などは関係ないし
当然そう言う人もいる。

>日本はバカな国、10連休とか言ったって休めた
自分が休めないので嫉妬かな?
ならば、休める業界に就職しましょう。

tit********さん

2019/5/808:43:55

高校や大学を卒業した時の職業選択が間違っていた自分を恨みなさい
正月やGWやお盆に休める職業はいっぱいあるのです
貴方が休める職業に就かなかったことが不満の最大の原因であることだけははっきりとしているのです
公務員や大手企業、etc
サービス業などは稼ぎ時ですから絶対に休めませんネ?

プロフィール画像

カテゴリマスター

poi********さん

2019/5/808:22:20

それは日本以外でもあまり変わりないですよ。
サービス業の人が一気に休む祝日がある国って
むしろ珍しいです。

欧米だとクリスマスはサービス業も
休む事はありますが、それ位かと。
(日本だとクリスマスではなくてお正月とかに
休むサービス業もありますね)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる