ここから本文です

枕草紙の質問です。 次のような文章が、平安時代の入浴の話では良く引用されま...

アバター

ID非公開さん

2019/5/818:23:54

枕草紙の質問です。

次のような文章が、平安時代の入浴の話では良く引用されますが、どの段の原文にこのようなものが書かれているか判りません。原文を教えて下さい。

『枕草子』の中で、清少納言が、「ある貴人の襟のまわりの垢の上の白粉が、まだらになっていて唐衣に付いているのが醜い……」と書いている

閲覧数:
46
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

myu********さん

2019/5/821:29:14

「宮にはじめてまゐりたるころ」の中の「かしこきかげとささげたる扇をさへ取りたまへるに振りかくべき髪のおぼえさへあやしからむと思ふにすべてさるけしきもこそは見ゆらめ。とく立ちたまはなむと思へど扇を手まさぐりにして絵のこと誰がかかせたるぞなどのたまひてとみにも賜はねば袖をおしあててうつぶしたる裳唐衣に白いものうつりてまだらにならむかし」のあたりでしょうか。

なお「白いものうつりてまだらに」なっているのは清少納言自身ですね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/5/905:53:16

    回答、ありがとうございます。
    「ある貴人の襟のまわりの垢の上の白粉が、まだらになっていて唐衣に付いているのが醜い……」
    の解釈と、まったくに違うものですが、これで良いのですか。
    原文では、顔を隠す扇を取り上げられて、それで清少納言が恥ずかしくて顔を袖で覆ってうつぶせになるときに唐衣に白粉が付いた話ですが、どこで、繋がって来るのですか。

    ネットにある平安貴族は風呂に入らないというのは、ガセネタですか。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる