「世界ふしぎ発見!」でやっていたのですが、近年、始皇帝の近親者の遺骨が発見されて、それを元に始皇帝の顔を再現したところ、西洋人風の顔になったのですが、彼の祖先はイラン系だったという

中国史 | 国際情勢296閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(6件)

0

可能性は十分あるでしょう。 元々始皇帝の祖先は、馬の生産により秦の地に封じられたので騎馬系民族にルーツがあった可能性が有りますし、始皇帝の母趙姫の祖国はチュルク系の中山国を併呑し胡服騎射を取り入れた趙で騎馬民族の跋扈する地なので趙姫がその流れかも知れません。 当時は奴隷全盛時代ですし敗戦国の中山国の民やその子孫が奴隷として売られ呂不韋に買われた可能性もあります。 また、始皇帝の父方の祖母も後宮の女なので異民族の可能性も有りますし、父母共にそういう血が流れてても不思議ではないです。 そもそも秦国自体が中原諸国の華夏族から見れば風習や文化が異なる異民族という扱いでしたし。当時から中国国内にも居たトルコ系遊牧民の血が混ざってても不思議ではないです。

0

私もその可能性は高いと思います。 始皇帝陵兵馬俑の兵士の顔を見てもいわゆる中国人ではない顔の兵士がたくさん見受けられます。

0

秦は中国の西方にあるから可能性はあるが、その近親者の素性が分からない。また、その遺骨が近親者のものであるとの証拠も。 それ以前に、自分も親類に外人的な家族があるが、自分は全くの日本人。近親者がイラン顔としても始皇帝がそうだとは限らない。

0

まあ、可能性は高いですわな~。アーリア人がインドまで到達してますから、中国大陸にも到達は可能だと思います。始皇帝は五行思想を取り入れていますが、インドにもヴァーストゥ・シャーストラという地水火風空の五行に似たような古代思想がありますし。