ここから本文です

少子化の原因は長寿で婚姻年齢の高齢化です。 昔は、世間体がありました。 2...

アバター

ID非公開さん

2019/5/904:01:27

少子化の原因は長寿で婚姻年齢の高齢化です。

昔は、世間体がありました。

20歳前後で婚姻して、お子さんを沢山、子がないと離婚や養子など世継ぎ。

親、子、孫で育児も介護もできた。

今、高齢化や生き方の自由で昔と違う個人の人生。子も親も預ける時代。

これで、どうしたら子どもが増えますか?

閲覧数:
41
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yur********さん

2019/5/905:26:59

仰る通りだと思います。

子供を増やす方法は、あるかもしれないですけど、もう手遅れのような気がします。

日本は、何でもかんでも自由を与え過ぎました。

後は、この国が滅びるのを待つのみだと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

or_********さん

2019/5/911:34:06

現代はある程度の自由が許されてしまっているというのも一理ありますが、それはほとんどの国がそうですし、実際多くのある程度自由がある先進国は問題なく人口を維持できています。
私は少子化の理由は今の日本が抱えている虐待問題にあるように感じます。例の千葉県野田市の事件は記憶に新しいことと思いますが、大人の一歩間違った行動で簡単に子供の命が失われてしまうのです。また、妊産婦が精神疾患を抱えて自殺する、または子供を殺すか道連れにするといったことも多いようです。妊産婦の死亡原因で最も多いのは「自殺」であると言われており、そういった人の命を軽く考える大人が日本に多いということなのだと思います。
ですから今の日本は子供を増やすことよりも今を生きる子供たちの虐待・育児放棄、妊産婦の自殺を減らすことを優先した方が得策です。昔は近所で助け合って子育てをしたり、どうしても面倒が見れない時のために子供を預かって代わりにお世話をしてくれる人がいる家庭が多かったのですが、今は子供を邪魔だと考える大人が増えたと同時に誰の助けもなく自分で苦労して育てる夫婦やシングルマザーも増加、そのことからストレスなどによる妊産婦の自殺や子供の虐待、育児放棄が起きやすくなってしまった訳です。そういったことを考えずにただ子供を増やすことをしていくだけでは、またさらに自殺や虐待、育児放棄が増え次々と死んでいくだけで意味がありません。
そのためそういったことを防ぐ活動・呼びかけを徹底し、夫婦の他にもう1人か2人子育ての手助けをする人を付けることを法律化するべきだと思います。増やすことはそれからです。
よく「産まない自由」と言いますけれども、私は
・夫婦で協力をし(←夫婦両方がいる場合)責任を持って子供を育てられる人
・子供に対する愛情を持てる人
・近くに子育ての手助けをしてくれる人がいる人
・借金のない人
以上の4点の条件を満たしていない人間に子供を産んで育てる権利を与えるべきではないと考えています。もはや「産まない自由」ではなく「産む資格」の問題なのです。自分のことしか考えられないのであればそれで良いと思います。そのような人に子供など育てて欲しくありません。全世界の子供を持つお母さんもそう考えていると思います。
まともに子供が育つようにすることすらできないのであれば、外国人を受け入れるか諦めて滅ぶのを待つしかありませんね。

tam********さん

2019/5/906:25:20

不思議なもので増えすぎると自然と減少し、減り過ぎとまた増え始める。今の時代は増えすぎたから減っている最中と考えていいでしょうね。こんな小さな島に1億人住んでること自体が異常ですからね。日本は人が多過ぎます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる