ここから本文です

現在、地方銀行の多くが赤字になって潰れかけています。そこでですが、全地方銀行+...

アバター

ID非公開さん

2019/5/1214:12:52

現在、地方銀行の多くが赤字になって潰れかけています。そこでですが、全地方銀行+りそな銀行で合併して、メガバンクに匹敵するような銀行になれば問題の多くを解決出来ると思うのですがどうでしょうか?地方銀行を

糾合することで、効率化と大規模化を進めることができます。メガバンクは大方再編しつくした感があるので、三菱、みずほ、三井、大りそなの四頭体制で行けば安泰だと思うのですがどうでしょうか?

閲覧数:
108
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sea********さん

2019/5/1214:42:18

効率化と大規模化とは言いかえれば大リストラ。
反発と生き残りをかけた大規模内紛が生じ、肝心の銀行業務がおろそかになるでしょうね。
オンライン、ネットワークの発展は近年目まぐるしくなってきていますので、それを利用した新システムを構築できればチャンスがあるかも。
まあそれもどこが主導するかで揉めるでしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

har********さん

2019/5/1321:21:14

地銀を買収するメリットがあまりないね
そもそも杯の問題
青森県や長崎県を始め完全独占経営をしたところで100%赤字になると報告されている都道府県が増えすぎています
そんな地域の地方銀行なんて購入した日には悪夢ですよ
どのみち人員を減らす方向性に動かさなきゃいけないし解決策にはならないと思いますね

run********さん

2019/5/1214:55:06

赤字同士が合併しても、赤字が増えるだけですよ?
人事部や総務などの関連部門をリストラし
重複する支店を整理する事によって、固定費を減らすのだから
人員削減を伴わないと意味が有りませんよ?

そもそも、「銀行の金貸し業務が、破綻した」のが赤字の原因であり
日本で新規事業/新会社が設立しない原因。
普通は、事業内容や人物を評価して金を貸すのだが
日本の銀行は、日本政府からの金を目当てで生き延びています。
簡単に言えば、日本政府の赤字国債を出すのと対照的に
銀行がその分黒字になってきたのですね。
それが無くなった以上、通常の金貸し業務をすべきなのに
担保第一主義/土地神話からの脱却が出来ていないだけであり
それの修正すらやる気が無いのだから・・・

hif********さん

2019/5/1214:36:32

銀行は投資家の能力があってこそ成り立つはずですが、実態は日銀金利と銀行預金の金利の差によって生き残ってきた銀行が多いということです。
簡単に言えば100万円預金した客には年間100円利息を払い、その100万円を日銀に預けると年間1,000円の利息をもらって年間900円の利益を得て銀行が成り立っていました。それが日銀のマイナス金利政策でこの利益が得られなくなったから倒産寸前です。
ようするに投資する客がいないような銀行はつぶれるのが当然です。
メガバンクになれば生き残れるという考えは全くの間違いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる