ここから本文です

オーディオマニアの方が目指しているのは情報量が多い音と言うことでしょうか?

tio********さん

2019/5/1315:55:27

オーディオマニアの方が目指しているのは情報量が多い音と言うことでしょうか?

ちょっとした吐息や息遣いなども捨てられないで拾ってくれている音源が最高と言うことですか?

例えば単なる朗読の録音であっても、普通の録音物とリニアPCMによる高温質の録音テストでは、やっぱり感動が違うんですか?
女性の喘ぎ声も、あたかもそばで聞いているような情報量の多さだったら興奮もひとしおと言うところになるんですか?

閲覧数:
208
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ant********さん

2019/5/1515:10:19

既に複数の方々が、回答を寄せていらっしゃるように、
ひと口にオーディオマニアと言っても、各位が追求する世界はさまざまです。

私も以前は、自他共に認めるマニア( のような )でありまして、
同好の方々と知り合える機会も多かったのです。…… が、

正直申しまして、今日までを振り返り、

何て素晴らしい再生音だろう … とか、
素敵な趣味を御持ちで良いなぁ … と、
私が共感するマニアの方は、ごく僅かです。

それは、私自身の了見が狭すぎるからではありますが、それにしても、
悪趣味な方々とは、もう付き合いたくはありません。
(※ 若い頃のほうが、私は忍耐強かった。)

オーディオマニアには、悪趣味で感じの悪い人が多いです。多かったです。

特に、ウチの装置凄いだろう!!? 良い音だろ凄いだろう...!! ってな調子で
馬鹿でかいアンプやスピーカーを自慢する、そんなクソ親父が実際に
鳴らしている音や音楽は、やはり程度が知れるものです。

(× 変な前置きが長くなってごめんなさい。)御質問に答えます。

朗読の録音と仰ってますね。人の声に強い関心があるならばという前提で以下、私見を述べます。

例えば、NHK アナウンサー の朗読を、私も時々聴く事がありますが、
FMよりもAM放送で聴いた方が、読み手の上手下手が良くわかります。
通常のニュースアナウンスについても同様です。
再生周波数特性が優れているから全て良しではありません。

これは多分に慣れの問題でもありましょうが、
慣れというのは恐ろしいけどありがたいもので、慣れてしまえば
再生装置なんてどれでも良くなります。( ちゃんと動けば、)

それよりも朗読ならばその作品、読み手の声質・技量や表現力に耳を傾ける事の方がよほど大切だと思います。

ちょっとした吐息や息遣い ~ 女性の喘ぎ声も …… について、

その手の音源を高音質で聴いて楽しみたいマニアもやっぱりいらっしゃるのでしょうか?
そんな目的で最新鋭の機材を買う金があるのなら、実際の女性と付き合いなさいよ!

目指しているのは情報量が多い音か?

これはまさに程度の問題だと思います。
以前、ちょっと贅沢してフォノイコライザー付きのプリアンプを買って聴いてみたら、
なるほど、細かいところまで良く聴こえるのが嬉しかったけど、その後
やや演出過剰な感じで聴き疲れを覚えるようになり、現在それでは聴いていません。

最後に、

現在の私は自身をマニアだと思っていないし、他人からもそう言われないように気を付けています。

質問者様は、オーディオに興味・関心を御持ちのようですが、
オーディオマニアを目指すのは、やめた方が良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ing********さん

2019/5/1603:52:26

音源によりますがな。

チェロの高音質SACDが売られていて
買ったのですが、奏者の息吸いの音が
気になる、気になるw。

生演奏では客席まであんなに息吸い音が
届くことはないので、音を全部、記録・
再生しようという目論見が副作用を生んだ
と思っております。

tok********さん

2019/5/1520:48:49

もちろん人によって違いますし、そういうのもいいですが、個人的には音場、音像。

歌手が立ったり、バンドの位置関係がわかったり、蒸気機関車の通過音に思わず避けそうになったりとか。。。。^^;

まあ、拙宅のはそこそこかなあ。上には上がありますので^^;

mot********さん

2019/5/1509:33:55

>オーディオマニアの方が目指しているのは情報量が多い音と言うことでしょうか?

>ちょっとした吐息や息遣いなども捨てられないで拾ってくれている音源が最高と言うことですか?

>例えば単なる朗読の録音であっても、普通の録音物とリニアPCMによる高温質の録音テストでは、やっぱり感動が違うんですか?

あなたの質問はオーディオマニアが使っている機器のこと、それとも再生する音源のこと? または、音源の録音方法のこと? もう少し質問の要点を絞ってくれませんか?

tt2********さん

2019/5/1509:08:59

自分が聴きやすくて良い音だと思う音が良い音です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cva********さん

2019/5/1504:27:26

オーディオマニアでも、人によってこだわりが違います。

情報量が多くて、より正確な音を求める人もいると思いますが、この方向性だとイヤホンやヘッドホンが向いていることになり、オーディオマニアにありがちなスピーカーを使うリスニングスタイルとは異なります。

情報量が多い音を正確に聴くには、音の出口から耳までの距離が近いほど音が正確になります。
部屋の壁や天井に音が当たって跳ね返ってから耳に届く音は、正確な音を聴くには邪魔になるので、スピーカーで聴くには相性が悪くなります。
間接音は少なく、直接音が多いほど音は正確です。
しかし、オーディオマニアほどスピーカーで聴いている人が多いことを考えると、情報量の多さを優先にしている人は少ないと思います。

オーディオマニアほどスピーカーを使い、適度に広い部屋を好みます。
このことから、オーディオマニアほど、スピーカーから出た音が部屋の中で反射してから耳に届くまで考えていると言えます。
ルームアコースティックです。
部屋まで含めてオーディオ機器という考え方です。
情報量が犠牲になっても、音の正確性が犠牲になっても、反響音まで含めて臨場感の良さも重要だと考えている人が多いと思います。
例えば、広い会場で生演奏を聴く場合、聴こえてくる音の多くは反響音で、楽器の音の正確性はかなり犠牲になりますが、だからと言ってダメな音ということはありません。

ちなみに、『吐息や息遣いなども…』というのは、ものの例えです。
音楽を聴くことが目的の人なら、吐息や息遣いを聞きたいわけではないはずです。
吐息や息遣いは、口周辺から起こる風きり音なので、楽器の音でもなければ、声とも言えません。
上手な歌い手なら、なるべく風きり音が出ないように気をつけて歌うこともできるはずです。
もし息遣いによる風きり音が好まれるなら、積極的に息遣いが目立つように収録されるはずですが、そのようなことはありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる