ここから本文です

バレーボールのコツを教えてください。

アバター

ID非公開さん

2019/5/1405:51:46

バレーボールのコツを教えてください。

閲覧数:
29
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mik********さん

2019/5/1408:29:36

かなりアバウトな質問ですね。質問はもう少し具体的に書いたほうがいいと思います。以下は一応参考になれば。

スパイクの基本はミートとコントロールです。ミートは手のひらを大きく開いてボールを斜め上から包み込むようにボールに被せるように打つことで、打球にドライブ回転がかかることをいいます。上から落ちてくるボールをしっかりと自分の最高打点(ひじが下がったりしない)でほぼフルスイングでミートできることがまず必要です。そして鋭角・鈍角と打ち分けが出来ること、狙った所に打てることがポイントになりますので、段階的に練習するといいと思います。 最初は低めのトスを上げて手のひらを大きく開いて包み込むようにミートします。ミートした打球にドライブ回転がかかっていることを確認してください。また、スイングフォームもチェックする必要があります。ミートするためにひじが下がったり、打点が被ったり、スイングスピードが遅くなったりしていないかをチェックして、フルスイングでミートがほぼできるようになったら今度はトスを徐々に高くしていきます。2段トスのような高いトスにジャンプ無しであわせる事ができる(=ミートできる)ようになれば助走のタイミングも自然に分かるようになると思います。もちろん普通のスパイク練習を多く打つことでもタイミングは徐々にあってくると思います。とにかく上達は打った本数に比例しますので、考えながらたくさん練習してください。
スパイクの打ち方には大きく分けて、上から鋭角に打ち落とす(コートにたたきつけるような)打ち方とスパイクサーブのような打球を比較的遠くまで飛ばして打つ打ち方の2つに分けられます。前者は速攻攻撃で速くコートに落としたい時やノーブロックの時に使いますが、後者はサーブの時やブロックアウトを狙う時、ネットからトスが離れた時やバックアタックに使う打ち方になります。 鋭角は比較的誰でもすぐできるようになりますが、鈍角(打球の飛ぶ距離が長い)は的を壁に書いたり、コートにボールかごを置いたりして、そこを狙って打つ練習がいいと思います。ミートするときに少しボールの真横からミートする感じと、下に振り落とさず前に飛ばす感じで練習するといいかもです。
スパイクの助走時に両手を大きく下から上に振り上げて、前に進む勢いをそのまま上に持っていくこと、そして利き腕はスパイクスイングに、もう一方は胸辺りに引き付ける(絞る)ことで体が回転することを防ぐと共に打球の威力を増すことにもなります。利き腕以外の腕を使うこと、空中で両肩を水平に保つこと、打点が被っていないこと、自分の最高打点で打つことなどが強く打つポイントだと思います。

レシーブの基本はミートとコントロールです。ミートとはボールの中心をしっかり腕に当てること。ポイントは腕のどこに当てるかです。そこに当たると一番ボールを上手く運べる部分があるはず(ちなみに私の場合は手首の少し上辺りです)だから、その部分があなたのレシーブのツボです。まずはツボを自分で確認してください。アンダーパスの時、常にツボを意識してどんなボールでもツボでミートすれば、ある程度思い通りにボールを運べるはずです。
レシーブには必ず目的があります。第一に、次のプレーヤーにAパスです。第二に、味方がいる方向になるべく高く上げる。第三に、ぎりぎりの場合でもできるだけ上に高く上げる。これらの目的を念頭において腕に加える力加減、体の向き、レシーブ面の角度・方向などを意識すれば指摘されたことも必然的に改善されると思います。だからこそ「目的意識を持って思ったところに運ぶ=コントロール」が求められるわけです。
練習方法でおススメはアンダーパスの時に相手と6~9mくらい離れてパスすることと、相手と2~3m離れて片手で左右交互にパスする練習です。平行や山なりを織り交ぜてやると効果的だと思います。相手との距離感を図って力加減や方向、角度を考えながら練習すると実際のレシーブにも対応できるようになると思います。
レシーブは打球が来てから反応したのでは遅いことが多いはず。だから来る前からの準備が大切だと思いますので、相手を観察して次の攻撃や打球が飛んでくる位置などを考える=予測することが必要になってきます。この場合の予測では正答率より「考えて待つこと」が重要です。どういうことかというと、常に観察して考えることをしておくことで体の反応速度が速くなるので、仮に予測と違った攻撃が来たとしても、結果的に対応できるようになるということなのです。

サーブの基本はミートとコントロールです。ボールの中心をしっかりミートすること、そして狙った所に打てるようになることです。練習方法はまずトスを低めに上げること、ミートポイントを一定にすること(前だったり、下がったりしない)、打球が無回転で飛んでいくことを確認することです。最初はサーブが入らなくてもいいからミートに徹してください。打ち方はミートの瞬間に力をぎゅっと入れて押し出すように打って腕を止める(腕を最後まで振り切らない、下まで振り落とさない)ことがポイントです。
ミートができるようになったら、打球の落下点をみて欲しい。
仮にネットを越えないなら
・打つ角度を上に向ける
・力をもっと入れて打つ
で打って試す。ここでサーブを入れるためにミートを適当にしないことを注意してください。
ミートしてサーブが入るようになったら、今度はコントロールです。コートにボールかごやパイプイスを置いてそれを的にして狙って打つ練習をします。
ちなみにフローターサーブの場合で説明すると(繰り返しになるかもですが)、サーブのミートは手のひらを軽く開いて一番肉厚が分厚い部分(手首の少し上辺り)で打つほうがおススメです(グーは威力は増すがコントロールができないと思うので)。ミート位置はスパイクと同じミートポイントで、常に一定の位置でボールの中心をミートすること。スパイクと一緒でひじが下がらないことに注意してください。そして打ち方は押し出すように打って腕を止めることです。

相手にとって取りずらいサーブとはどんなサーブでしょう。
・打球速度が速い
・打球が強い
・ネットすれすれに飛んでくる
・人と人の間
・すんごい変化するサーブ
この中から1つでもマスターできればかなり強みになると思います。打球の速度(=スイングスピード)や打球の強さは筋トレ、すれすれや人の間などはコントロール、変化はミートと筋力がポイントだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2019/5/1406:01:12

比較的大きいボールを弾く競技です。どれだけボールをコントロールするか、が重要です。そのためには、まずはボールの中心(重心)をしっかりと意識することがコツです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる