ここから本文です

ショパンのピアノソナタ第1番が演奏機会に恵まれないのは何故ですか?若書きであり...

jhs********さん

2019/5/1414:27:02

ショパンのピアノソナタ第1番が演奏機会に恵まれないのは何故ですか?若書きであり2番や3番に比べ不出来だからでしょうか?

閲覧数:
47
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zen********さん

2019/5/1517:45:41

単に聞いていてつまらないからだと感じます。
私は2番、3番を練習していますが、1番は弾きたくありません。

質問した人からのコメント

2019/5/21 03:12:42

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hgj********さん

2019/5/1513:29:21

第1番も「流石ショパン」と言って良い作品です。

第2番・第3番という「聴衆受けの良いソナタ」が他にあるために、冒険したくない(確実にチケットを売りたい)ピアニストは第1番を選ばない、ということが繰り返されてきた結果であり、曲そのものの出来が悪いわけではないと思います。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第2番あたりも、良い曲なのに演奏機会が少ない、という点で同じような目に遭っている気がします。

fdj********さん

編集あり2019/5/1510:55:57

要求している演奏技術が高く、演奏が困難だからです。ショパン以前の作曲技法やピアノの演奏技術が集大成されています。
その上にショパンは自らのピアノ芸術をこの曲で発表しました。
ショパン芸術の原点です。
ショパン時代のピアノ様式を知っている人がいないので、曲の解釈が困難なので弾かれません。ショパンが古来から伝えられていた作曲技法を踏襲していることがわかります。
ショパン芸術は当時では斬新な音楽でしたが、作曲技法は古来からの伝統を守っています。
第一楽章では、ショパンのレガート奏法が示されます。
第二楽章では、ポロネーズのリズムが示されます。
第三楽章では、夜想曲を示します。
第四楽章は対位法の解答集です

実に奇跡的、歴史的な楽曲です。

doc********さん

2019/5/1508:51:19

ショパンのピアノソナタは第2番と第3番が圧倒的な名曲なので、演奏者も第1番を選択しないためだと思います。第1番はご指摘の通り若書きで魅力に乏しいと感じます。
ちなみにナショナル・エディションのエキエル版のソナタ集には第1番は掲載されていません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる