ここから本文です

司馬遼太郎さんは、昔の人の書いた手紙や、 記録などを、現代文に直された物を読...

ppo********さん

2019/5/1506:48:57

司馬遼太郎さんは、昔の人の書いた手紙や、
記録などを、現代文に直された物を読んで
いたのではなく、自分で読み、理解し、考えることができたのでしょうか?

閲覧数:
27
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuj********さん

2019/5/1507:25:53

「昔」といっても随分幅が広いですからね。
司馬さんが小説で扱われた時代は平安初期(「空海の風景」)から明治・大正期(「坂の上の雲」)、紀行や随筆(「街道をゆく」など)は昭和期のことまでが書かれていますから。
「坂の上の雲」における日露大戦記(大本営編纂)あたりまでは、ご自身で読まれたと思いますが、すべてのものについてはどうでしょうか?
江戸期以前の資料については、歴史学者などとの交遊もあった方ですから、それらの人たちの協力を得られたこともあったと考えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/20 22:11:55

また勉強し直します。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/5/1507:13:38

その両方だと思います。「街道を行く」でも当地の古老などから話を聞いたり、古い資料を見て想像を広げたりしています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる