ここから本文です

英雄ポロネーズの中間部の後半部分の物悲しい旋律は何を表していると思いますか?

k11********さん

2019/5/1506:53:34

英雄ポロネーズの中間部の後半部分の物悲しい旋律は何を表していると思いますか?

閲覧数:
36
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yas********さん

2019/5/1619:48:54

勇壮な前半部分との対比を表現しつつ、再現部への準備をしていると考えます。ショパンの作曲スタンスは古典派ですから、ロマン派の曲のように作曲者の気持ちなどは下手に考えないほうがよく、楽譜を素直にアナリーゼすべきです。

・中間部前半
長調(ホ長調→嬰ニ長調)。旋律は力強い和音の上昇系。伴奏は16分音符をズラッと並べたオスティナート。
・中間部後半
短調(転調が多い)。旋律はカンタービレな単音の下降+上昇。伴奏はシンコペーションのリズム。

再現部に入る前にシンコペーションで鳴らされるCの音(ヘ短調のドミナント)にアクセントが付きまくっているのが面白いですよね。ヘ短調で新しい要素が来るのかな?と思っているとスルスルッと変イ長調に転調して再現部が始まるという、意外性のある展開になっています。
おそらくここがポイントで、中間部の前半で思い切りポジティブな感情を盛り上げて、後半では逆にセンチメンタルな方向に振って、何か新しいことをやるかと思ったら最後に華やかな主部が再現されるというドラマティックな構成を目論んでいるわけです。
このようにした要因ですが、ポロネーズ5番の中間部がやや冗長でバランスを欠いた構成になってしまったので、そそこ修正して終盤の流れをスッキリさせたかったのだと見ています。英雄ポロネーズは最初の主部に複数のテーマ(メロディ)詰め込まれています。また主メロディは3回も演奏されます。しかし再現部では主メロだけで1回しか演奏されません。この潔い構成を引き立てるのが、中間部の後半パートだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

g85********さん

2019/5/1507:08:25

ショパンの故郷ポーランドへの望郷でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる