ここから本文です

戦前の日本軍には大卒エリートに対して幹部候補生とか短期現役みたいな将校(士官)...

onl********さん

2019/5/1521:12:49

戦前の日本軍には大卒エリートに対して幹部候補生とか短期現役みたいな将校(士官)待遇ってなかったのでしょうか。要は、平時においては現役帝大生だろうが全員が二等兵として入営だったのでしょうか。

ちなみに私の祖父は大卒の官吏でしたが第二次上海事変勃発で赤紙により軍曹待遇でウースン渡河作戦に出征しました。戦前は学徒兵みたいに新兵いじめを忌避して将校になることって出来なかったのでしょうか?

閲覧数:
46
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

編集あり2019/5/1607:24:34

まず、御祖父様の場合が軍曹待遇というのが軍属を指しているなら、官吏の時の身分(判任官)をスライドして従軍します。

しかし赤紙というのは再招集を示し、一度兵役に就いたことを示します。(現役徴兵は白紙)

徴兵されたら社会的地位や身分(華族も)に関係無く一律二等兵です。
陸軍は中等学校以上の学歴があり学校教練に合格していれば幹部候補生に応募できます。昭和5年までの幹部候補生制度は徴兵とは別枠の一般募集で金納制でしたから裕福でないと応募できませんでした。そのかわり内務班の制裁とは無縁で、約一年の在営により途中の成績次第で下士官や士官になれました。(落第もある)

師範学校生徒に対しては6ヶ月だけ兵役という短期現役制度がありますが時間になるわけではありません(教師の間は原則として兵役猶予され、一定期間務めると国民兵役の伍長となります)

海軍は大学、専門学校限定ですが技術、軍医、薬剤、経理に関して短期現役制度がありました。のちに兵科に関して予備士官制度ができましたがどちらの制度も兵隊を全く経験せず最初から候補生(准士官)になります。

新兵いじめ回避という意味では、このほかに現役士官(定年まで軍人という意味)を目指す場合、ごく短期間で士官になるルートが陸海軍ともあります。
海軍は造兵、造船の委託学生制度。在学中に応募があり奨学金が貸与され卒業と同時に海軍省で一日講和を受けて技術士官に任官します。
陸軍は、軍医、技術、主計候補生制度でそれぞれの専門学部で専門免許等を取得したものが対象で、一般募集です。入営時に軍曹、2ヶ月後に曹長・見習士官、その二ヶ月後に少尉又は中尉です。はは

質問した人からのコメント

2019/5/16 07:33:31

お答えくださった中に正解があるようです。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ppi********さん

2019/5/1601:18:55

戦前、のことですよね

戦争がないから、士官が減らないので、本式だけで充分だったので大学卒業したエリートをわざわざ徴兵なんかしません。

大学生は徴兵しないことは決まっていました

だから 兵隊なんかやらないのです

typ********さん

2019/5/1521:22:39

特別幹部候補生が色いろあった
中学以上の学歴の者甲種特別幹部候補生
入営して4か月以上のものからだから

いじめしごきはまぬがれないね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

eko********さん

2019/5/1521:19:28

できましたよ。
軍隊も所詮は役所。学歴により変わります。
大卒は当時は超エリート。二等兵として徴兵されても即席士官への養成コースがあるので、普通はそれを勧められます。
当時の日本軍も、下っ端の兵は赤紙、ですぐに集められますが、下級将校が不足して苦しんでいました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる