ここから本文です

すでに逝去された故人の銀行口座や証券口座でも、 存在に遺族は全く気づかずに、...

gar********さん

2019/5/1618:04:17

すでに逝去された故人の銀行口座や証券口座でも、
存在に遺族は全く気づかずに、眠り続けているというケースは、
世の中あったりしますでしょうか?

あるいは、行政に死去した旨を届け出た際に、金融機関等に、
なんらかの通知なりされて明らかになるものでしょうか?

良く思うのですが、継続課金サービス(例 携帯電話、クレジットカード、
光ファイバー、WEBが好きな方ならサーバー、ドメイン等々)は、
退会を誰かが申し出ないと、ずっと引き落としが続いてしまわないものだろうか?
と考えたことがあります。なんらかのUSB等にでも継続課金サービスは、
記録しておかないとまずいだろうと。

もっとも、その辺の心配を一蹴してくれるようなシステムが、
すでに世の中に出来上がってくれていればと考える次第でありますが。

さすがに、保険会社の個人年金などは、銀行引き落としや、
クレジットカード払いの場合、決済が止まっているものでしょうか?
また少額の傷害保険等も気になりますね。

閲覧数:
21
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

azu********さん

2019/5/1618:28:17

銀行口座や証券口座は、遺族が銀行や証券会社に届けを出さない限り、凍結されません。

クレジットカードも同じです。

遺族に気付かれない課金があり、気付かれないクレジットカードで決済され、気付かれない銀行口座から引き落とされている場合、それはずっと続きます。

そして、クレジットカードが有効期限を迎えるか、銀行口座の残高が少なくなって引き落としできなくなると停止されます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる