ここから本文です

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11207820601 中に動...

kka********さん

2019/5/1620:32:09

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112078206...
中に動画を紹介していますが

これは事故前の映像ですね?

福島原発事故では水蒸気爆発は起きていませんね
①大橋教授の言う通りになったと思いませんか?
②プルトニウムがウランよりずっと危険だとか言った人物は怪しいと思いませんか
③プルトニウムの蒸気はどういう条件で蒸気になるんですかね

大橋教授は、格納容器内圧力の高圧化によって破損をする事は予想はしなかったかと思いますが、水蒸気爆発で炉心が吹き飛ぶ事は無い、と言う事を言いたかったと思います(チェルノブイリ原発事故)がそうは思いませんか?

プルトニウムで肺がんになる人を追跡した調査があるそうですが、実際はそういう環境にはない人よりむしろ少なかった(有意な差で少ないわけではない)と言う話があります。
ご存知ですか?

この質問は、ayt********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ayt********さん

リクエストマッチ

2019/5/2022:14:24

超原発loveのカカ君が、私にリクエストしてくれていたか。


>>kka********さん2019/5/1620:32:09
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112078206...
中に動画を紹介していますがこれは事故前の映像ですね?福島原発事故では水蒸気爆発は起きていませんね①大橋教授の言う通りになったと思いませんか?②プルトニウムがウランよりずっと危険だとか言った人物は怪しいと思いませんか③プルトニウムの蒸気はどういう条件で蒸気になるんですかね
大橋教授は、格納容器内圧力の高圧化によって破損をする事は予想はしなかったかと思いますが、水蒸気爆発で炉心が吹き飛ぶ事は無い、と言う事を言いたかったと思います(チェルノブイリ原発事故)がそうは思いませんか?
プルトニウムで肺がんになる人を追跡した調査があるそうですが、実際はそういう環境にはない人よりむしろ少なかった(有意な差で少ないわけではない)と言う話があります。ご存知ですか?


超原発loveのカカ君の大好きな大好きな愛してやまない大橋君に不都合な真実を見てしまい、悲しくて悲しくてしょうがないのはよく解るが、もう原発過酷事故は起きないんだー!の超原発loveなカカ君にソックリだ。


自動車事故と原発事故とを混同して語るのもソックリだし、専門家になればなるほど格納容器は壊れないなんて原発推進の専門家のカカ様ソックリだ。

もしかして、ひょっとしたら、ご本人様か?!(笑)

微細な粒子エアロゾルとなりアメリカにも到達しているプルトニウムだが、そのメカニズムも理解出来ないカカと大橋。

格納容器が壊れるのは一億年に一回だとか、ヤバすぎるぞ。



>>kka********さん2019/5/1620:32:09
大橋教授は、格納容器内圧力の高圧化によって破損をする事は予想はしなかったかと思いますが、水蒸気爆発で炉心が吹き飛ぶ事は無い、と言う事を言いたかったと思います(チェルノブイリ原発事故)がそうは思いませんか?


格納容器にも設計圧力があり、それを超過し過ぎれば格納容器損傷に至るのは中学生でも判る筈だが、それも予想はしなかったとか、それじゃあ大橋があまりにも可哀想じゃないのか?


圧力超過での損傷もあれば、セラミックも溶融する超高温となる超高温な核燃料溶融デブリだ。圧力を下げても融点の低い格納容器なのだから、圧力が低くても熔けて損傷するだろ。


プルトニウムも安全な事にしたいのかも知れないが、超原発love君の意見は面白いが、これを見て、なにかを感じとりなよ。



■国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
プルトニウム粒子を含む大気を吸入した場合、上部呼吸気道に沈着したプルトニウムは気道上皮を覆う粘液や繊毛の運動により鼻咽頭に運ばれ直接体外に放出されるか嚥下されて消化管に入り経口摂取と同じ状況になるので、体内に吸収される割合は極めて少ないです。一方、肺胞領域(肺の深部)に沈着したプルトニウム粒子はプルトニウム化合物が体液に溶けにくい性質のため長期間その部位に滞留し、ゆっくりとした速度で可溶化し血液中に入ります。血液中のプルトニウムは主に肝臓や骨内膜の表面に沈着します。すなわち、肺深部に沈着したプルトニウムのアルファ線照射を受ける主要な臓器は肺であり、血流に移行した場合は肝臓、及び骨になります。

参考文献

原子力百科事典ATOMICA、プルトニウムの代謝について
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-04-0...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■プルトニウムの内部被ばくと
発がん
─プルトニウム注射投与による実験発がん─
小木曽 洋一
Oghiso Yoichi

1.はじめに
核燃料物質プルトニウム(Pu)は,体内に
入ると長期にわたって肺や骨等に沈着,滞留
し,高エネルギーのアルファ(a)粒子を放出
し続けるため,照射された細胞(標的)からが
んが発生するリスクが大きい。とりわけ酸化物
や硝酸塩等,Pu 化合物が飛散した場合には,
微粒子の吸入被ばくによって第一の標的である
呼吸気道に沈着して肺がんの生じる確率が増
す。また同位体の違いや化合物の物理化学的性
状によっては,一旦気道に沈着した後,血液を
介して骨に移行・沈着して,骨のがんを生じる
ことが知られている1)。このことは,以前本誌
2013 年 7 月号「TRACER 欄」(No.711)に紹介
した2)。では,血液に入った Pu は,その他の
がん,特に,g 線や中性子線等を外部照射した
実験動物でしばしば認められる白血病やリンパ
腫等の血液のがんを引き起こすことはないので
あろうか? この問題について,過去に行われ
た実験研究結果を巡って様々な議論がなされた
が,明白な結論は得られていない。本稿では,
筆者の実験も含めてこれらの論文をレビュー
し,実験動物に注射投与され,血行性に骨等に
沈着した Pu による発がんの特徴をまとめると
ともに,血液腫瘍の有無について,メカニズム
とリスクの側面からの考察を試みた。

2.Pu を注射投与した動物に発生する骨腫瘍
Pu は,血液を介して骨格に沈着する骨親和
性(向骨性)放射性核種(bone-seeking radionu-
clide)であり,注射投与すると,いずれの動物
種でも骨腫瘍,特に悪性の骨肉腫(osteosarco-
ma)が高頻度に発生する(図 1)。同様に骨親
和性で骨腫瘍誘発性の b 線放出核種ストロン
チウム(90Sr)や a 線放出核種ラジウム(226Ra)
が骨基質(mineral)に親和性(volume-seekers)
であるのに対して,a 線放出核種の Pu(239Pu)
は骨内膜(endosteum)に親和性(surface-seek-
er)である3)。ビーグル犬に注射投与されたこ
れらの骨親和性放射性核種の骨肉腫誘発性
(carcinogenicity)は異なっており,226Ra は 90Sr
の約 60 倍,239Pu は 226Ra の約 16 倍(すなわち
239Pu は 90Sr の約 960 倍),それぞれ 106 頭・骨
吸収線量 1 Gy 当たりの骨肉腫発生リスクが大きい
ことが示されている(図2)4)。

Mays ら は, 特 に a 線 放
出核種間における骨肉腫誘発性
の違いを 226Ra による骨肉腫誘
発リスクを 1 としてそれに対す
る毒性比(toxicity ratios)で比
較することを提唱した5)。表 1
に 226Ra 等,代表的な a 線放出
核種を注射投与したビーグル犬
における骨肉腫発生リスクの比
較を示すが,これらの骨親和性
放射性核種による骨腫瘍誘発リ
スクの違い(毒性比)は,イヌ
だけでなく,ラットやマウスな
どの実験小動物でもほぼ同等で
あることが実証されており6),
近年 Mayak の核兵器工場作業者における Pu 化
合物の吸入曝露による骨腫瘍のデータ7)が公表
されるまでは,ヒト(226Ra を含む夜光塗料を
塗布した時計文字盤女工)で分かっている
226Ra による骨肉腫の発生リスクから,ビーグル
犬の実験で得られた 239Pu:226Ra の毒性比(㲔16)
を使って推定されたこともある。なお,239Pu
注射投与による骨肉腫誘発性には,動物種差の
みならず,系統差がほとんど見られないことも
分かっている8)。これらの事実は,骨内膜に沈
着した Pu の放出する a 線に内部照射された骨
芽細胞からの腫瘍発生のしやすさ(=感受性;
susceptibility to tumorigenesis)は,ヒトも含め
た哺乳動物種に共通であることを示すものであ
り,骨腫瘍は Pu によって特異的に発生する主
要な原発性腫瘍と考えてよいであろう。
血行性の Pu が沈着しやすいもう 1 つの臓器
である肝臓での腫瘍発生については,Mayak
核兵器工場作業者で骨及び肺腫瘍とともに Pu
の内部被ばくによる過剰リスクが報告されてい
る9)が,Pu を注射投与した動物では,肝細胞
癌,胆管癌あるいは血管肉腫等,肝臓での腫瘍
の有意の発生や,それらと投与量・線量との関
係については報告がない。この理由として、、、、

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる