ここから本文です

織田家臣団へリクエストです。 昨日、お屋形様はおっしゃいました。

武井夕庵さん

2019/5/1901:42:32

織田家臣団へリクエストです。

昨日、お屋形様はおっしゃいました。

『雑談とは、和をもって貴しと為すごときものである』


世の中には、思い違いによる誤解や

知識の限界による思い込みからくる間違いなど、

誹りを招く原因ともなる、それら様々なことが日常的に転がっております。

言葉(雑談)をもって、平和的な解決が望めれば一番であります。

しかし、こちらがいくら平和的解決を望んでも、

他方がそれに応じず、言葉による平和的解決にいたらない場合もあります。

その結果がどうであれ、

それは誠に残念であり、嘆き悲しむべき事ではないでしょうか?

皆さまはどう思われますか?


______________________


信長公記(著者・太田牛一:1527~1613年)にはこのように書かれています。

■「事を分ちて仰せ聞かさる」

【現代語訳】
信長公は事をわけて、詳細な説明をし説得した。


■「山本山下の僧衆、王城の鎮守たりといえども、行躰、行法、出家の作法にもかかわらず、天下の嘲弄をも恥じず、天道のおそれをも顧みず、淫乱、魚鳥を食し、金銀まいないにふけり、浅井・朝倉をひきい、ほしいままに相働く。」

【現代語訳】
しかし山門山下の僧衆は、王城鎮守の重責を負いながら修行を怠り、天下の嘲弄を恥じず、天道を恐れず、淫乱と肉食をほしいままにしていた。あまつさえ先年は金銀に目をくらませて浅井・朝倉に味方し、暴慢なるはたらきさえし、天下に悪事をくりかえした。


■「恣に相働くの条、世に随ひ、時習に随ひ、まず、御遠慮を加へられ」

【現代語訳】
信長公は彼らの言動に対するに、世論にしたがい、時の社会良識にしたがい、まず容赦をくわえて見逃した。


■「御無事に属せられ、御無念ながら、御馬を納められ侯へき。御憤を散ぜらるべき為めに侯」

【現代語訳】
しかし彼らはまったく改めなかった。そこで信長公は、このたび残念ながらも、馬を打ち入れることを決めたのである。



『読史余論』の中で新井白石(1657~1725年)はそれをこう評しました。

「その事は残忍なりといえども、永く叡僧の兇悪を除けり、是亦天下に功有事の一つ成べし」

【現代語訳】
比叡山焼き討ち後の信長の行動は残忍なものだったかもしれない。しかしそれは同時に、未来永劫にわたり凶悪を除く結果となった。これは天下の功績のひとつである。

______________________



お屋形様からの陣触れです。


==========

以下の通り陣夫役を命ず。
陣賦役=一武将につき10名


以下の通り、陣分けをおこなう。

一の方面。
【大将 織田信忠】と以下。

前田利家・羽柴秀吉・竹中半兵衛・河尻秀隆・森長可・毛利長秀・斎藤利治・団忠正・山口小弁・黒田官兵衛・羽柴秀長・蜂須賀正勝・堀尾吉晴・浅野長吉・前野長康・石田みっくん・福島まーくん・キヨマサ・脇坂安治・片桐且元・平野長泰・糟屋武則・加藤嘉明


もう一方の方面。
総大将 信長

以下
・織田信孝・佐久間信盛・柴田勝家・明智光秀・池田恒興・丹羽長秀・佐々成政・武井夕庵・溝口定勝・武田元明・粟屋勝久・蜂屋頼隆・津田信澄・朽木元網・滝川一益・滝川益重・滝川益氏・前田慶次郎利益・津田秀政・道家正栄・小幡信貞・真田昌幸・内藤昌月・北条高広・佐久間信栄・池田勝正・箸尾高春・鈴木重政・和田維政・荒木村重・有馬則頼・別所重宗・別所長治・遠山友忠・波多野秀治・三好康長・三好政勝・古田織部・島左近・宮部継潤・阿閉定往・明智秀満・明智光忠・斎藤利三・藤田行政・溝尾茂朝・細川藤孝・細川忠興・筒井順慶。


同盟軍 徳川家康と三河武士のみなさん。

遊撃軍は以下。
南伊勢衆、大和衆、伊賀衆、和泉衆、志摩衆、越前衆、根来衆、雑賀衆。


それ以外の者は、待機。


以条、くだんの如し。

各々、武運を祈る。


信長


以上、代筆
武井夕庵

=============



【お断りと注意】

この投稿は、文頭の雑談質問がメインです。

第三者を攻撃したり人格批判や中傷する目的のものではありません。

後半の陣触れに関する部分は、戦国マニアのごっご遊びや真似事のフィクションにしかすぎませんので、「やばい、いくさが本当に始まる」とか、ご心配されないようお願いします。

鎧兜の武者が現代によみがえって、実際に弓矢鉄砲、槍刀をもって争うわけではありませんので、ご了承下さい。

戦国好きのみなさんの時間的都合と、ゆっくりと雑談をおこなえることから、時間制限のない雑談カテにて投稿させていただきます。

武井夕庵,お屋形様,黒田官兵衛,佐久間信栄,津田秀政

閲覧数:
714
回答数:
8

違反報告

回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

afs********さん

2019/5/2910:20:36

天下布武じゃ!

2019/5/2314:16:45

いつかネット上から誹謗中傷、偏見・差別がなくなって欲しいものです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fbb********さん

編集あり2019/5/2118:30:38

一次史料研究なら面白い。かの竹中平蔵氏の歴史名言の偽歴史ではない。真実の織田信長は慈悲深さと優しさを兼ね備えた方。一方的に残虐なお屋形ではない。織田家臣団が信長家臣団になった時家臣団が反乱したとする説多数。織田家は信長の私物ではない。今の、世界日本の指導者と部下にない不安定さがあり厳しそう。でも羨ましい。
戦国大名と分国法、岩波新書、最新の良書他、
最新の情報は面白い。質問者回答者のレベルは
高い。が私はリアルな織田信長は信長家臣団ではなく織田家臣団だと思います。内容の違いはあれ
ほかの戦国大名も。徳川家もです。厳しいが正しいと思う。長々とご失礼しました。

2019/5/2020:55:50

平和が乱れるなら、それは嘆き悲しむ事でしょう。

今日は随分と静かな夜ですな。
天気予報では大雨をもたらす前線が来るとか。
嵐の前の静かさでしょうか。

2019/5/1913:32:25

ぼくちんの心境は…

ヒャッハー!

の一言に尽きる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる