ここから本文です

なぜ、この実験で、火を消したあとにピンチコックでゴム管を閉じないと酸化するの...

rtewqsさん

2019/5/1912:11:23

なぜ、この実験で、火を消したあとにピンチコックでゴム管を閉じないと酸化するのですか?また、ゴム管とはどれですか?なにが酸化するんですか?
タップすると解像度が上がります

ゴム管,ピンチコック,解像度,二酸化炭素,試験管,実験,なに

閲覧数:
35
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

emb********さん

2019/5/1912:25:08

ゴム管は試験管からのびている黒いにょろにょろしたものです。酸化銅と炭素粉末の混合物を加熱すると、炭素が酸化されて二酸化炭素が発生します。つまり、加熱している限りは二酸化炭素が発生し続けるわけです。もし、火を消す前にコックを閉じてしまうと、試験管のなかで発生した二酸化炭素が外に逃げられなくなり、試験管が二酸化炭素でパンパンになってしまい、試験管が破裂するおそれがあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2019/5/1912:22:17

ゴム管の先でどのようにして、気体を集めているかによります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる