ここから本文です

戦国時代の佐竹氏の家臣で、真壁氏幹という人物が戦に行く際に樫の木の棒を持参し...

kou********さん

2019/5/2219:09:09

戦国時代の佐竹氏の家臣で、真壁氏幹という人物が戦に行く際に樫の木の棒を持参し振り回して敵を倒したと言いますが彼は棒術の達人だったのでしょうか。

閲覧数:
24
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sks********さん

2019/5/2322:16:32

塚原卜伝の弟子で霞流の創始者。剣の達人なのでおそらく棒術にも通じていたのではないでしょうか。

質問した人からのコメント

2019/5/28 22:40:12

格好よさがあります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2019/5/2220:05:34

霞流棒術を創始者です

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる