ここから本文です

木造建築の継ぎ手で金輪継ぎや追っかけだいぜん継ぎというのがありますが、制作時...

mms********さん

2019/5/2323:06:41

木造建築の継ぎ手で金輪継ぎや追っかけだいぜん継ぎというのがありますが、制作時間はどれくらいかかるのでしょうか?

閲覧数:
23
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2019/5/2400:24:24

①使用する木材の材種の違いにも関係しますが、およそ「墨付け」から「刻み」までで含めて、数時間(木材の大きさと長さも関係します)くらいですね。

②残念な事にいくら正確な「追っ掛けだいせん継ぎ」を作っても、引っ張り力を掛けると、いとも簡単に壊れてしまいますので、より靭性のある木造建築を求めるのであれば、「金物接合」の方がお勧めですよ。
https://www.tanakanet.jp/contents/product/ssmulti/ssmultisp.html


「補足・返信」があれば「追記」が可能です。

質問した人からのコメント

2019/5/24 20:44:02

うむー、宮大工の金物をいっさい使わない伝統的な木造建築に魅力を感じるのだが、
現代の建築技術に強度で勝てないのか・・・・・・・・・・回答有難うございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/5/2405:57:30

継手を大工が作る場合は、15分も有れば作れます。

最も現在はプレカットで作りますので更に早いです。

追っかけは集成材が主流の現在ですので殆ど使用されません。

軸組も剛接合のメタルジョイントが多くなって来ています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる