ここから本文です

平城の堀は、どうやって掘ったのですか。 ポンプのない時代、水がある場所で江...

アバター

ID非公開さん

2019/5/2507:04:29

平城の堀は、どうやって掘ったのですか。

ポンプのない時代、水がある場所で江戸城や大阪城などの大きな堀をどうやって掘ったのですか。

閲覧数:
39
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kui********さん

2019/5/2609:33:47

ご質問のお問合せは、水堀・水路の「開削」というよりも、
むしろ「浚渫」に近いでしょう。


(1) 新規開削
まったく新しく水堀・水路を開削する際には、①地表を掘る、
②水なしの水堀水路が完成する、③水を入れる、といった段取
で完成しますので、技術的には単純です。
新しく水堀や水路を開削する土木工事は、いっけん実現不可能
なほどの規模に見えますが、江戸城・大坂城にせよ、その後の
都市圏の大河川改修での凄まじい動員規模を見ると、開削は
巨費はかかるものの難しくは無いものでした。
(治水は別ですよ。水害を生むエネルギーは、今も昔も人智を
超えていますから。規模に加えて、近代的な高い技術力が必要
であり、それ故に水害の克服は今現在すら複雑な命題です)

(2) 自然川の浚渫
高低差がある水堀・水路は、代替路を確保したうえで水抜きを
すれば良く、とくに殆どの城の水堀は下流への高低差があり
ますので水抜きによって干上がることが出来ます。
いわゆる、川浚いですね。
しかし大河川の場合、代替路の確保は大変難しく(と言うか
出来たら苦労しない)、川浚いは水を干上げてからでなく、
船上から砂を浚う手法が一般でした。
↓安治川の川浚い
http://www.to-gisi.com/magazine/41/doc06.pdf
江戸で川浚いが頻繁に行われていたことを示す史料が、東京市
史稿港湾篇第2目次にあります。
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/0601kouwan02.htm
「浚」の字が膨大に存在し、公共事業として川の浚渫が数多く
記録されています。まあ日本の大都市は河運が物流の基本です
から、現在の高速・国道のメンテナンス予算と同じ感覚なの
でしょう。
大城郭の水堀などは、日頃から犬走りなどからメンテナンス
していましたので、この船による底浚いを行っていたのでは
ないでしょうか。

(3) 運河の浚渫
珍しいケースですが、下流と高低差がない水堀(海城・大河川
とつながる水堀)や運河においては、高低差がないため自然
排水では完全に水抜きできず、人力で水を抜くしかありません
でした。
一例では、人工運河である東京都江東区の小名木川で、江戸
後期に全くの堰き止めによる浚渫が行われました。(すいま
せん、良いリンクが無いのですが、中川番所資料館などに
説明が存在します)
50m幅の小名木川を数km堰き止めて、水抜き・底浚いした
そうです。人力しか無い江戸時代には、ちょっと考えづらい
工事規模ですが、史実です。大量揚水の方法は良く知らない
のですが、大潮の干潮を利用して、残りは踏車などで排水
したのでしょう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/踏車
上記のとおり、城の水堀はほとんどの場合(大坂城・江戸城
全ての水堀)は周辺の水位よりも高く、手間さえかければ
自然排水は可能です。まあ上記の船浚渫で用は足りて、
そこまで完全排水するケースは無かったと思いますが。

以上です。
ご質問の答えになっておりますでしょうか。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/5/2610:27:49

    大変にありがとうございました。
    地形によりそれぞれの方法を組み合わせれば可能ということで、なるほどと納得しました。


返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/5/26 10:28:19

大変に勉強になりました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pis********さん

2019/5/2509:59:26

一般的に港湾や海に面した石垣を築く場合
まず海の中に土嚢を投入し一時的に土手を築き、
水門を付けます。
干潮の時水門を開けて海水を排水し、
その後水門を閉じます。

残った海水は人力で排水します。
ポンプが無いので桶に水を汲んで
排水することになります。
工事完了後は土嚢を引き揚げて土手を撤去します。

江戸城の場合はちょっと違って掘の掘削と
埋め立て地の造成とが同時進行だったようですから、
まず堀になる部分を残して土砂を投入し
埋め立て地を造成してから、
掘と海がつながった水路に水門を作って
内側の水を排水したと思われます。

大阪城の場合は台地の上ですから
城の掘については普通に掘っています。
海側の埋め立て地については
江戸と同じです。

海以外で問題になるのは川ですが
川の場合は仮の水路を作って
一時的に川の流れを変えて川床を干し上げ
工事を行なうのが普通です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

edo********さん

2019/5/2509:00:07

人力しかありませをん。延べにすると何千人も投入されたと思います。常に水が溜まる佐渡の金山でも水替え人足が水を汲み揚げていました。それと同じです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/5/2508:08:07

水のない所を掘削して堀を作ります。そして川から水を引き入れます。

掘削中に地下から出る水は水替え人足が桶と綱を使って上へ送ります。全て手作業です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる