ここから本文です

タイヤについて。

アバター

ID非公開さん

2019/5/2622:03:11

タイヤについて。

昨年辺りに レグノGR-XI 225/45R18 91Wに変えました。

今年に入り GR-XII 225/45R18 91W 新作?が出た見たいですが変わりはありますか?

替えようと思っています。


あと45Rや91wとはなんですか?

閲覧数:
56
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gri********さん

2019/5/2622:16:58

変わりはもちろんありますが、GR-XIのあとに出たアドバンdB V552のほうが静かだったので、GR-XⅡはV552に並んできた感じですね

残念なのがGR-XIのあとに出たdB V552がラベリングでウェットブレーキ性能が最高ランクのaランクなので、明らかにGR-XIより性能がいいことを感じられましたが、GR-XⅡは世代が新しくなってもウェットブレーキ性能はbランクのままです

たぶんV552と1年違いで発売されたので、V552の性能を確認して開発したわけでなく、競合品がそこまで性能をあげてくることを予想していなかったんでしょうね

GR-XⅡはデモカー少ししか乗っていませんが、V552との差を感じるほど静かに感じませんでしたし、レグノ独特の突っ張るような乗り心地の硬さは以前のままに感じました。

まあこの辺は個人の好みですし、好き嫌いの部分なので、レグノも性能が高いタイヤであることは事実です

ちなみに
45は扁平率45% タイヤ幅225mmに対してサイド高さが225mm×45%ということで、タイヤ幅とタイヤサイド高さの比率で、タイヤサイズを表しています

Rはラジアル構造で今の乗用車用タイヤはほとんどがラジアルタイヤです

91は荷重指数でタイヤの強度を表しています

Wは速度記号が270km/hまで対応するという意味で日本ではあまり意味はありません

  • gri********さん

    2019/5/2700:19:03

    >XⅡはアドバンdB V552よりも性能が格段に上ですね、乗り心地も良いし
    静かです。

    自分が履いた印象は静粛性は互角というか誤差レベル、乗り心地はdBが上ですが、座り心地のいい椅子が個人差があるように、これは好みです

    しかし差がつくのがウェットブレーキ性能です

    これはタイヤ業界が統一して性能ランク分けをしているラベリングで決まっています(過去、業界団体でチェックし、ラベリングを落とされた商品もあります)

    レグノGR-XⅡはウェットブレーキ性能はbランク
    アドバンdB V552は最高ランクのaランク

    この性能のついては格段かはわかりませんが明らかにdBが上です

    自分は履いた印象ですが、ラベリングのaとbの差ってけっこう大きいと思っています

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kal********さん

2019/5/2623:05:46

XⅡはアドバンdB V552よりも性能が格段に上ですね、乗り心地も良いし
静かです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる