ここから本文です

花魁は遊女のトップで、太夫は芸者のトップだと思ってたんですが、京都の島原では...

ゆめさん

2019/5/2917:36:21

花魁は遊女のトップで、太夫は芸者のトップだと思ってたんですが、京都の島原では太夫がいたそうです。

私は以前、島原は東京でいう吉原と同じようなところだと思っていたのですが、島原には芸者のトップと言われる太夫がいたとのことで、なぜ島原は京都5花街残れなかったのかが気になります‥

乱文すみません。教えてください。

閲覧数:
131
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jesselinさん

2019/5/3016:57:52

太夫は京大阪
花魁は江戸

細かいことですが
太夫のほうが身分が高い
ちなみに芸者さんや芸妓さんとは業界違い

太夫や花魁は大名や豪商が贔屓ですから
格式と身分を重んじます(お金もかかります)
ゆえに都市の発展と供に町人文化が成熟し
より庶民的な遊興を求めるとき
芸者芸妓が体を売らず座敷での歌舞音曲の専門職として
独立していきます。

体を売る女性を「娼婦」と呼びます。
昌は日が2つに見えますが正確には日(ひ)と曰く(いわく)です。
要するに「明らかに曰く」(あきらかにいわく)と読みますから
意味は(大きな声で歌う 楽しい会話をする)ですから
娼婦は宴席で歌を歌い楽しい会話を提供してくれる女性を指します。

そう考えると広い意味での娼婦とは
(歌手・舞踊・ホステス・芸舞妓・花魁・太夫・)の全ての女性を指すことになります。
時代と供に各分野が専門化して現在に至る・・・ってことですね。

<なぜ島原は京都5花街残れなかったのかが気になります‥>

京都の地図を見ると理解できます。
島原は二条城へ上がる途中にある歓楽街です。
要するにお客さんは二条城の幕府の役人です。

しかし先斗町 祇園界隈は京都の東の端に
あります。(今は中心地ですが昔は端)
島原とは違った庶民的な歓楽街が鴨川両岸の歓楽街ですね。

だから幕府の警察隊である新撰組は島原へ通い
薩長や土佐の勤皇の志士たちは先斗町や祇園に潜伏しているでしょ?

そして明治になり侍は失業して
公家は東京へ引っ越しますから
顧客を失った島原は廃れていきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ゆき (dol)さん

2019/5/3000:26:40

諸説あるようですが私が元太夫さんだったお姐さんから伺ったお話です。

昔々ですが、京都の花柳界はピラミッドになっていたそうです。

太夫(容姿端麗、芸達者)
天神(容姿イマイチ、芸達者。もしくは容姿端麗、芸はイマイチ)
芸妓(容姿も芸事もどっちもそこそこ)
女郎(容姿も芸事もあかん)

太夫さんは朝廷から「松の位」を頂いていて、唯一お公家さんのお遊びのお相手を許された存在でした。
ゆえに太夫さんは足袋を履きません。へりくだる意味で素足です。
また道中も花魁は「身を売ること」がお仕事ですので、商売道具である顔や体を見せるために「外八文字」で顔や体を外に振るような踏み方をします。対して太夫さんは一般庶民が遊べるような相手ではなく、太夫さんも一般庶民を相手にするつもりもなかったので「内八文字」で体は振らない踏み方です。
当然お花代(代金)も飛び抜けて高いです。
お遊びの中身も太夫さんはお公家さん遊びがメインで貝合わせや投扇興をします。
…と言うと、「太夫さんってなんて横暴な」と感じるかもしれませんが、それほどに気位も高く、高くても当たり前なほどの高嶺の高嶺の高嶺の華です。

五花街に残らなかったのは、上七軒さんが一番古いですが島原よりもっと庶民的な街(今も残る花街)が次々に生まれたこと、立地的に島原は外れていること、太夫に値する人がいなくなり天神、女郎、芸妓たちもお客さんの集まる場所へと街を移り結果花街の形が残せなかったこと、極め付けは歌舞練場、組合の解散、が大きな理由かと思います。

もちろん今も数名ですが太夫さんはいらっしゃいます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ペティオさん

2019/5/2919:47:49

芸子のトップが太夫と言うのは違います。
タブンhttps://rekijin.com/?p=25897
このようなサイトを見たかと思いますが、太夫と言う身分は宝暦年間にはなくなり、その後花魁と呼ばれるようになりました。
芸子と花魁は当然別物で、花魁のような体を売る好意自体を禁止にした為廃れたと言うだけです。
なので今でも芸者さんは残っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

eco********さん

2019/5/2917:56:44

花魁ってのは、高級遊女の、吉原独特の呼称。
一説には、呼び出し以上の呼称だとか、本来は、呼び出しのみを花魁と言ったとかって、話がある。

太夫は、遊女の最高位。
吉原でも、最高位は、太夫だった。
尤も、吉原の太夫は、早く(18世紀中頃)に、なくなったらしいが。。。

なお、芸者に位はない。
太夫は芸者の最高峰というのは、君の、思い込み、乃至は、思い違い。
嶋原に、太夫が残っているのは、元は、遊郭だったから。
嶋原以外にも、遊女はいたが、私娼だったため、位はない。

嶋原は、昭和中期から後期にかけて、廃業が相次いだため、京都花街組合連合会を脱退したため、五花街に数えられないが、元々、嶋原を含めた、「六花街」という呼び方があり、いまでも、廃れたわけではなく、そう、呼ばれることもある。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる