ここから本文です

揉む/揉まない注射の違いを教えてください。

pixy_akimさん

2008/11/2200:29:42

揉む/揉まない注射の違いを教えてください。

先日インフルエンザの予防接種の時,「揉まない注射ですから揉まずにちょっと押さえててくださいね」と言われました。そういえばインフルエンザの時はいつも揉むなと言われますし,以前他の何らかの予防接種の時にはしばらく揉むように言われた記憶もあります。

揉む注射と揉まない注射は何が違うのですか。

閲覧数:
78,445
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/11/2201:06:54

インフルエンザ・ワクチンだけではなく、皮下注射は揉まないようにして下さいね。

日本では長い間、注射をした後、よく揉むのが常識とされていました。
年配の方は、ご経験されたと思いますが、「医者にかかる=注射を打つ」と言うのが一般的だった時代がありました。

たとえば風邪で受診した時、熱があれば解熱剤、熱がなくても抗ヒスタミン剤の筋肉注射をしていました。
また、肺炎防止に、抗生物質を臀部に注射することも行なわれていました。

これらの筋肉注射は、よく揉まないと注射部位にしこりが出来て固まることがありました。
なので、注射の後をよく揉むというのが常識化してしまったようです。

このような筋肉注射は、よく揉んだほうがいいのですが、インフルエンザワクチンのような予防接種は皮下注射です。
皮下注射と言うのは、表皮の下(真皮、皮下脂肪)に注射しますから、自然にゆっくりと吸収されるようになっています。
それを揉むことによって薬が早く拡散したり、血管をはじめ皮下組織が壊れ、薬剤が血管内に入って皮膚に悪い反応が出ることがあります。

皮下注射=揉まない。筋肉注射=揉む。と覚えておいて下さいね。

質問した人からのコメント

2008/11/22 10:06:23

成功 なるほど,筋肉注射と皮下注射の違いなんですね。よく「揉むもの」とされてきた理由もよく分かりました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/11/2208:32:25

注射剤の種類によります。
早く揉んで注射液を散らばすものと 揉まずに筋肉内に浸透するものがあります。
揉んで下さいと言うのに 揉まないで高熱が出たりする事もあります。
医者・看護師さんの指示に従ってください。
薬剤師より。

suzu_gracyさん

2008/11/2200:32:49

違いはわからないのですがドクターに筋肉注射じゃないからとかなんとか

言われたことがあります。

インフルエンザは揉むと液がもれてきてしまって効果がなくなるそうです。

違う小児科では揉むようにいわれましたよって質問したらドクターがその医者は間違って

るんだよっていっておられました

何がちがうんだろ。。わたしも気になる~

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。