ここから本文です

「なつぞら」北海道の牧場から上京してアニメーターになる設定って無理があります...

アバター

ID非公開さん

2019/6/110:13:37

「なつぞら」北海道の牧場から上京してアニメーターになる設定って無理がありますか?無理はないですか?

閲覧数:
83
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ech********さん

2019/6/119:51:02

ありえませんね。

私も長く子どもの相手をする仕事をしていた時期が長いので分かりますが、外遊びが好きな子と内遊びが好きな子ははっきり分かれます。絵が好きだとか、文章を書くのが好きだとか、将棋や碁が好きな子どもと、野球やサッカーが好きな子どもというのははっきり分かれます。酪農や乗馬が大好きだった子どもが、ある日突然机の前に座って一日中絵を描く仕事に適性を持つ人間に変身するなんてことはありえません。

このドラマの主人公のモデルになった奥山玲子さんは宮城県仙台市出身。北海道に住んでいたことは一度も無いとのことです。

小学校四年生までに『シェークスピア全集』『日本文学全集』『世界文学全集』などを読んでいたということ。児童文学ではなく、大人向けの全集だったようで、かなりの文学少女だったようです。

中学校の頃に、自作の童話を演劇に仕立てたものを親戚や近所の人に見せていたということですから、『なつぞら』の中の演劇のエピソードは唯一事実に沿ったエピソードだったということになります。

中高は農業学校ではなくてミッション系スクール(宮城学院)に進学、当時はフランス実存主義に傾倒していたそうです。

大学は東北大学教育学部に進学するも、教師は向いていないと考えて中退。改めて外国語大学に入学するつもりで勉強をしていました。小さい頃から絵を描くのが好きだったということで、東映動画でのアルバイトを始めたとのことです。

つまり、アニメーターを目指していたのではなかったんですね。最初は浪人時代の生活費を稼ぐためのアルバイトで、それがだんだん面白くなってきた。おそらく東映の方でも、実際に仕事を任せてみて、これなら大丈夫と思って正式入社を奨めたものと思います。

もう一つ。ネット上で確認できる履歴では確認できませんでしたが、おそらくアルバイトを始めた頃から正式に入社するまでの間に、彼女は絵の勉強もしていただろうと私は考えています。デッサンの教室に通ったり、絵画技法を本で学んだりの努力はしていただろうと想像します。

アニメーターを目指して上京してきながら、合格するまで皿洗いしかしていなかったなんてことは絶対に無いでしょう。それで合格できると思い込んでいたとしたら、とんでもない勘違い娘です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2019/6/619:55:23

別にいいじゃん。
そこ、突っ込むところじゃないし。

hfb********さん

2019/6/517:18:17

アニメーターを目指すのなら北海道では出来ません。上京するしか無いですね。

new********さん

2019/6/122:16:55

無理というよりはあまりにも荒唐無稽で、イカサマであり
インチキでありデタラメすぎます。

omo********さん

2019/6/110:20:47

元々は東京で生まれ育った戦災孤児で父親も絵がうまかったしアニメーターとしての才能はあったのだろう。
たまたま疎開先が北海道だったというだけのこと。他人に牧場を継がせたいと考えてるのは爺さんだけで娘夫婦は我が子がいるのにたまったもんじゃありません。
それよりも近所に吉沢亮というイケメンがいてなつの同級生で絵も天才的にうまいという設定の方が無理があります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる