ここから本文です

徳川家康、秀忠、家光公を神様としてお祀りしたのは一体何故でしょうか。

徳川家康、秀忠、家光公を神様としてお祀りしたのは一体何故でしょうか。

それとは逆に徳川将軍4代目以降は神様として祀らなくなったのは一体何故でしょうか。

閲覧数:
31
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uso********さん

2019/6/207:17:25

徳川幕府は、神葬祭(神式葬儀)を禁止した経緯があるでしょう。

幕府は、寺に地域や戸籍や住民などを管理させ、また葬儀もすべて仏式に統一し、
キリシタンを防ぎました。また神社は皇室にゆかりがあるので、神式の葬儀を禁止し、神職の権威を弱体化させました。

質問した人からのコメント

2019/6/6 15:21:14

お返事どうもありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mug********さん

2019/6/120:39:16

神号を贈られたのは家康だけです。家康は東照大権現、つまり神として祀られていますが、秀忠は台徳院、家光は大猷院、つまり仏として祀られています。

wkp********さん

編集あり2019/6/120:07:47

葬儀の仕方が違うから。

peace2qazさん

2019/6/119:49:06

仏式にしたからですかね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる