ここから本文です

なぜ三国時代だけが面白おかしく脚色されてピックアップされるんでしょう?

awl********さん

2019/6/312:36:30

なぜ三国時代だけが面白おかしく脚色されてピックアップされるんでしょう?

晋崩壊後の五胡十六国時代とかは演義になってないんですか?
漢民族が主役じゃないから? 単純に面白い説話がないから?

閲覧数:
115
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lom********さん

編集あり2019/6/318:32:20

殷周革命を描いた封神演義や、北宋末期を描いた水滸伝などもあります。他にも南宋の武将の生涯を描いた岳飛伝なども有名です。


しかし、同じように多数のいろいろな時代の物語がある中で日本における三国志の人気は比較的大きいです。それは個人的に以下の理由があると思っています。



●題材とした作品がたくさん存在した

訳本(吉川英治など)や漫画(横山光輝の三国志、天地を喰らうなど)、三国志を題材としたゲーム(光栄の三国志シリーズ、三國無双シリーズ)などがヒットして知名度が高くなった。古くはNHKの三国志人形劇や、ナムコの三国志ゲームなども有名です。また後述するようにゲームなどの題材として面白い要件を備えていた。


●ファンタジー要素が控えめに入れている

水滸伝や封神演義などは妖術などのファンタジー要素が登場する度合いが大きい。三国志は、張角の妖術や公明の東南の風、関羽の呪い、南蛮の風土風習など、妖術的でありながらもあからさまではなく、様々な解釈ができる演出に留めている。そこが歴史小説として好感が持たれつつ、ゲームなどにも使いやすい題材となっていると考えることができる。


●それぞれの視点から描かれている

三国志演技のもととなった三国志は、中国の歴史書としては例外的に(世界でも例外的かもしれないが)、三国それぞれすべてを主人公としてその視点から書いてあり、それをもとにした三国志演技も、魏、呉、蜀のどの陣営も主役と言える物語となっています。水滸伝や、封神演義、岳飛伝などは善悪がはっきりとしているといいますか、相手が暴虐な権力者や残虐な異民族なので、視点は常に主人公側になりがちです(水滸伝は序盤様々な人物の視点で始まるがやがて統一されていく)。この特徴が、自分の好みの人物や国に応じて感情移入しやすい物語となっていると思われます。また、三国志を題材としたゲームなどでもこの登場人物の多さはメリットとなっています。(例えば魏、呉、蜀いずれにも属さない、呂布や袁紹陣営に属する人物などのファンも居るようです)

質問した人からのコメント

2019/6/9 21:19:18

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ken********さん

2019/6/321:45:23

中国の歴史ドラマや映画で検索すると、他の時代の物語も出てきますよ。

あなたの質問は、日本ではという事ですか?
個人的に、楚漢戦争(項羽と劉邦)の話は好きです。


演義についてもいくつもありますけど
三国志以外の有名どころは
楊家将演義
隋唐演義
封神演義 これはファンタジー

の三つが有ります。検索すれば出てきますよ。

hjx********さん

2019/6/319:32:01

三国志演義という傑作娯楽小説の大ヒットによる。

ただし、その前に、
この時代は、評判によって人事を決める郷挙里選や九品中正法により、
大げさに仲間を誉め合う風習があり、
「天下の大将軍」やら「救国の大軍師」やらが、輩出した。もちろん、大幅ヨイショね。
これらのヨイショ記録が、陳寿に傑作小説を書かす元ネタとなったのだ。

mar********さん

2019/6/318:43:20

三国志演義と水滸伝は明の時代に羅貫中が編纂したもので、内容の面白さとちょうど日本が江戸時代になって平和になった頃に訳本が出回って人気が出たと言うのが大きいでしょうね。他に隋唐演義とか南北朝時代の蘭陵王の説話とか、岳飛伝などもありますが、物語が作られた時代が古すぎたり新しすぎたりで、日本で人気になるタイミングを逃したと言えるでしょう。岳飛伝とかは中国では大人気ですが、主人公の岳飛がスーパーマン過ぎてあまり読んで面白いものじゃありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gol********さん

2019/6/317:47:23

梶原一騎のおかげで空手の大ブームが興ったり、
司馬遼太郎のおかげで竜馬や新選組がヒーロー扱いされ
後々追随する作家を無数に生み出すなど、
虚実の皮膜を扱う天才的なノンフィクション風フィクション作家が
1人出現するだけで、特定ジャンルの人気が爆発的に上昇する
という事例はたまに見られることです。

三国志演義の作者も面白おかしいホラ話で大勢の心をキャッチし、
後世の作家の創作意欲を大いに刺激した天才の1人ということですね。

unk********さん

2019/6/316:07:10

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97%E6%BC%94%...
『百川書志』文中の評にはいわく、「正史に根拠を置きつつ俗伝で装飾し、史文を考証しながらも大衆の好みに通じ、低俗とならず虚構とならず、それでいて読みやすく入りやすく、史家の伝統的古文によるものではないが、盲目的な叙述や面白おかしく書き立てる態度からは離れ、百年間を叙述して、おおむね全ての出来事を包括している。」とある。


ですって。
他の時代の色んな人の説話や講談も
きっと色々あったんでしょうが
(史記の本紀・列伝にも面白いものはいっぱいあります)
三国志演義をまとめたとされる羅貫中が
きっと編集者・校閲者として超優秀だったんじゃないですか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる