ここから本文です

ブラックホールの反対であるホワイトホールの実在が証明することが出来ますか?私...

cim********さん

2019/6/410:10:26

ブラックホールの反対であるホワイトホールの実在が証明することが出来ますか?私は、ブラックホールは重力の塊なので中心に向かうだけで、ホワイトホールのような放出するものがあるとは言えな

いと思います。

閲覧数:
133
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2019/6/419:18:20

ブラックホールの正体は、大質量がプランク密度まで圧縮したものです。

ですから、ブラックホールに落下した物質は、プランク密度まで圧縮され、ブラックホールの一部となります。
ですから、それが放出されるホワイトホールはありません。

それを詳説します。
ブラックホールは大きさの無い点(特異点)ではありません。この宇宙の最大の密度はプランク距離立方(プランク体積)にプランク質量があるプランク密度です。
ですから、ブラックホールと言えどもプランク密度より高密度になることはありません。

では、ブラックホールの密度と大きさを考察します。
恒星は自己重力が強いのですが、核融合反応による爆発力により、双方の力が釣り合い一定の大きさを保っています。

しかし、核融合反応が終わると自己重力のみとなります。質量が太陽の約30倍以上ある星の場合、自己重力により核が収縮(重力崩壊)を続けます。つまり、自分自身の中に落下し続けます。この様にして、非常に小さいけれども巨大質量を持つブラックホールが出来上がります。

太陽の質量は、(1.9891×10^30)㎏ですから、太陽の30倍の恒星の質量は(5.9673×10^31)㎏です。この様に、ブラックホールは無限大の質量を持つ訳ではありません。

では、どこまで重力崩壊を続けるのでしょうか。太陽の30倍の質量が全てブラックホールになった場合を想定して、そのブラックホールの大きさと密度を求めて見ます。

超ひも理論では、物質を構成する基本粒子は、1本の超ひもの振動として表現されます。
1本の超ひもの長さはプランク長Lp(1.616229×10^-35)mです。その上を振動が光速c(2.99792458×10^8)m/sで伝わります。1本の超ひもの端から端まで振動が伝わる速さがプランク時間Tp(5.39116×10^-44)sです。従って、
①c=Lp/Tp=(1.616229×10^-35)m÷(5.39116×10^-44)s=(2.99792458×10^8)m/s
です。

また、1本の超ひもの振動数が多くなるほど質量が増えエネルギーが増します。そして、最短時間であるプランク時間に1回振動する超ひもが最もエネルギーが多くなります。この時の振動回数は、(1/Tp)回/秒です。
ただし物質波は、ヒッグス粒子により止められ円運動しています。ですから、半径プランク長lpの円周上を1回回る間に1回振動する物質波が最も重い粒子です。これを「プランク粒子」と言います。この時2πtpに1回振動します。ですから、周波数f=1/2πtp[Hz]です。
そして、「光のエネルギーE=hf(h=プランク定数、f=周波数)」なので
1本の超ひものエネルギー=プランク定数h×周波数f=(6.626069×10^-34Js)×1秒間の振動数
です。従って、
プランク粒子のエネルギーE=h/2πTp=(1.956150×10^9)J
です。これをプランクエネルギーEpと言います。「E=mc^2」なので、
最も重い1つの粒子の質量=プランクエネルギーEp÷c2=( 2.17647×10^-8) Kg
です。これをプランク質量Mpと言います。

※プランク時間tpとプランク距離lpは、従来の物理学が成立する最短の時間と距離です。これより短い時間や距離では、従来の物理学は成立しないのです。

それは、全ての物理現象が1本の超ひもの振動で表され、その長さがプランク長lpで、最も周波数の高い振動がプランク時間tpに1回振動するものだからです。

ただし、物質波はヒッグス粒子により止められ円運動しているので、最短波長は半径プランク距離lpの円周2πlpとなります。超ひもの振動は光速度cで伝わるので、この最も重いプランク粒子は2πtpに1回振動します。
決して、πは中途半端な数字ではなくて、幾何学の基本となる重要な意味を持つ数字です。

そして、超ひもの振動自体を計算するには、新しい物理学が必要となります。それが、超ひも理論です。

最も重いプランク粒子が接し合い、ぎゅうぎゅう詰めになった状態が最も高い密度です。1辺がプランク距離の立方体(プランク体積)の中にプランク質量Mpがあるので、
最も高い密度=プランク質量Mp÷プランク体積=( 2.17647×10^-8) Kg÷(1.616229×10^-35m)3=(5.157468×10^96)㎏/m3
です。これをプランク密度と言います。なお、プランク粒子は半径プランク長lpの球体の表面の波です。波はお互いに排斥し合うことはありません。
しかし、プランク体積当たりの「立体Dブレーン」の振動には上限があります。物質としての振動は、プランク体積当たり1/tp[rad/s]です。ですから、プランク密度がものの密度の上限です。

※超ひも理論は「カラビ・ヤウ空間」を設定しています。
「カラビ・ヤウ空間」とは、「超対称性」を保ったまま、9次元の空間の内6次元の空間がコンパクト化したものです。

残った空間の3つの次元には、それぞれコンパクト化した2つの次元が付いています。つまり、どの方向を見ても無限に広がる1次元とプランク長にコンパクト化された2つ次元があり、ストロー状です。まっすぐに進んでも、ストローの内面に沿った「らせん」になります。
したがって、「カラビ・ヤウ空間」では、らせんが直線です。物質波はらせんを描いて進みます。しかし、ヒッグス粒子に止められ、らせんを圧縮した円運動をします。
コンパクト化した6次元での円運動を残った3次元から見ると、球体の表面になります。
したがって、プランク粒子は球体です。

太陽の30倍の質量の物質も、プランク密度まで小さくなります。ですから
ブラックホールの体積=太陽の30倍の質量÷プランク密度=(5.9673×10^31)㎏÷(5.157468×10^96)㎏/m3=(3.856737×10^-67)立米
です。この体積の球体の半径rを求めて見ましょう。球の体積V=(4/3)πr^3なので、
ブラックホールの半径r=[3]√{V×(3/4)π}= r=[3]√{(3.856737×10^-67)立米×(3/4)π}=(4.515548×10^-23)m
です。

この様に太陽の30倍の質量を持つ恒星がブラックホールになった場合、その重さは(5.9673×10^31)㎏で、その大きさは半径(4.515548×10^-23)mの球体です。

プランク時間tpとプランク距離lpは、従来の物理学が成立する最短の時間と距離です。これより短い時間や距離では、従来の物理学は成立しないのです。

それは、全ての物理現象が1本の超ひもの振動で表され、その長さがプランク長lpで、最も周波数の高い振動がプランク時間tpに1回振動するものだからです。

ただし、物質波はヒッグス粒子により止められ円運動しているので、最短波長は半径プランク距離lpの円周2πlpとなります。そして、超ひもの振動は光速度cで伝わるので、この最も重いプランク粒子(波長2πlpの最短の物質波)は2πtpに1回振動します。
決して、πは中途半端な数字ではなくて、幾何学の基本となる重要な意味を持つ数字です。

そして、超ひもの振動自体を計算するには、新しい考え方が必要となります。それが、超ひも理論です。これは、ニュートン力学→量子力学+相対性理論→超ひも理論と発展したもので、前者を否定するものではありません。


詳細は、下記のホームページを参照下さい。
http://catbirdtt.web.fc2.com/burakkuhorunosikumi.html

  • wak********さん

    2019/6/800:03:19

    質問者さん、私(若竹彦)の追っかけをしているアラ還物理独学者の砂付近さん(=cat********さん↑)が、ご迷惑を掛けてすいません。

    密度の上限は「プランク密度」です。では、砂付近さんにお尋ねします。どの様な仕組みで、大きさのあるものが点に収縮するのですか?

    砂付近さん、「プランク密度」って聞いたことないかな。是非、「プランク単位系」を独学なさって見てください。お願いしますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

med********さん

2019/6/416:12:25

ホワイトホールは実在しません。

なくても支障ありません。

あっても、ブラックホールの特異点問題の

解決になるわけではないからです。

tad********さん

2019/6/414:53:27

ホワイトホールが実在していると考えている人はあまりいないと思います。
特に必ず存在していると確信しているような人は学者でもほとんどいないんじゃないかと。

ブラックホールは直接撮影に成功したのはつい最近でも、ブラックホールであると断定されているに等しい天体は今までいくつも発見されてきました。
撮影されたM87のブラックホールもその中の一つでした。
しかしホワイトホールはいまだに候補天体すら一つも見つかっていません。
ブラックホールと違って、もしホワイトホールが存在したらどのように観測されるかという予想さえ確定してないんじゃないかと思います。

ホワイトホールはブラックホールの方程式から派生した物なので、ブラックホール同様に重力の産物ということになります。
重力による現象なのに物が中に入れずに出てくるってどういうこと?といった本質的な部分は何もわからないんです。
ただ単に式の上で成立するというだけの存在で、実在する可能性はかなり低いかと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqq********さん

2019/6/411:02:56

それが正当な見方と思います。
紙のような物では、破れて穴が空きます。
鋼鉄のものでは破るのにより硬くなります。
それがもっと密集して行くと、余計に穴が空きづらくなります。
これが太陽の10倍以上もの質量の物が潰れて極小になったものが、どこに穴が空く現象になるのか、この穴がなければ到底別の空間に抜けようもありません。

ブラックホールと言われているものは、周りの物質を空間毎引き込むイメージになってます。
吸い込んだ物質が空間自身であれば、それが極小に縮んで行って、仕舞には別の空間に抜けて行くのではないかと見られていて、科学の言っているブラックホールでは、以前はこの思考がありえました。

しかしここの宇宙の空間は、別の空間宇宙から見ると、ここが別の空間宇宙に当たる事になります。
それでもし別の空間宇宙からブラックホールが抜けて出ていて、これがホワイトホールと想像されていたものですが、これが抜け出て来ている現場が観測されてもいいのではという事になります。
しかしそれが観測された例はないので、今ではホワイトホールはないものとされてます。

現実に考えても、如何にブラックホールが空間毎縮んで、宇宙の全ての物質が集まって点のようになっても、それは点のままの姿で永遠になっていそうです。

ところでブラックホールは普通に言われているように、銀河の中心にこれがあるとされているので、銀河は光で満ちた渦ですし、特に中心は光が盛り上がって見えます。
それでブラックホールでは黒い穴に見える筈で、これが光に満ちた中心で見えても不思議ではない筈なのに、それが見えません。
しかしこの頃ニュースで、この本体が黒く見えた映写が流れてました。
これは解釈の問題になると思うのです。

ブラックホールは今の科学の宇宙が、空間毎広がっている事から出されているので、想像の産物と私は思っています。
それで宇宙の見方を変える、これはない物の想像になります。
私は宇宙の空間が現れ広がっているとは思えなくて、元からあり続けていた思いをしてます。
こういう事で私が回答したものを載せてみます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142081783...

ofn********さん

2019/6/410:19:01

まず、ホワイトホールが存在しうるためには「運動エネルギーがマイナスになる物体・物質」が存在しなくてはいけません。

つまり、質量がマイナスになるか、相対速度が虚数になるか。

ブラックホールは「理論的に存在しうるもの」ですが、ホワイトホールは「そうではありません」。質量がマイナスの物体、速度が虚数になる物体が想定できますか?

aj_********さん

2019/6/410:13:00

なんせ、ブラックホールの存在が証明されたのも最近のはなしなんでね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる