ここから本文です

福島県はまだ危険な地域ですか?

アバター

ID非公開さん

2019/6/419:28:52

福島県はまだ危険な地域ですか?

福島に行くのは差し控えるべきですか?

閲覧数:
529
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ram********さん

2019/6/820:36:02

今年の東北絆祭りは福島県でしたよ。
東北六県のお祭りが大集結して大変な賑わいでした。

全国各地からお客さんが集まり、福島に30万人の人が来たようです。

危険だったらみんな行かないでしょうね。安全だから行くのでは?

  • ram********さん

    2019/6/913:40:48

    いわば、みんなネットのフェイクニュースに踊らされたのよ。
    福島産の農産物は大丈夫だし・・福島は果物も超美味しいからね。私も良く買って食べてる。今の季節はサクランボが美味しいのだけれど、福島産は甘いし美味しいのよね。そのうち桃も出回るから楽しみですけれど。

    でも食べたからって今まで病気してませんよ。ちゃんと検査しても放射性物質は検出されていないですし。福島に行きたくない人に無理に行けばとは言いませんけど、福島に住んでいる人たちはそんなに気にして住んでいる人はいません。福島からネットのフェイクニュースを信じて自首避難した人たちは、賠償金欲しさに福島危険と未だに騒いでいるようですけどね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

agv********さん

2019/6/810:30:47

そうは思いません。現に福島県のかつての被災地は線量が減衰して今や帰還困難区域は8割がた解消しているんですよ、国も県も認めているんです、2011.3月から8年余経っただけです。後2年もすれば全地域帰還可能となり、福島のおいしい農作物や魚介類を気にしないで食べられるようようになるでしょう。もし放射能が原因ならセシウム137が大部分であり、半分に減るのが30年かかるんです。大変な作業かもしれないがそれは除染―天地ガエシとかいろいろやった、放射能は土壌に吸着され動かないー天恵というべきかー効果に他ならないのです。30年どころか4年~10年で正常な状態になっていくんです。お化けが出るぞ出るぞというのは子供だましです。専門知識が少々足りなくてもまともな大人ならわかってもらいたいものですね、人間の体はそんなやわではない、遺伝子も強い、それが損なわれて自らにも後世にも悪影響がのこるなんてことはない、ということを専門家も指摘しています。(東工大松本教授他)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/6/716:54:45

普通に生活できますし、普通に旅行できますよ。

実際に行っている人の話を読むのがよいかもしれないですね。カンニング竹山「福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ!」をおすすめします。

プロフィール画像

カテゴリマスター

eey********さん

2019/6/714:37:49

>>sai********さん 2019/6/621:33:21
自分福島に住んでいますが、原発から60キロ離れている場所で問題ないです、帰還困難区域以外は人戻ってきています。


爆心地から60キロ離れた福島県福島市でも、勿論、放射性物質が降り注いでいます。

大問題だと思うのですが、奴の『アンダーコントロール』によりワイドショーでさえ絶対に語ることも禁止です。

■原子力規制委員会
環境放射能水準調査結果(月間降下物)
[Readings of environmental radioactivity level by prefecture (Fallout)]
(H31年3月分 [Mar, 2019])
2019.4.26 [Apr 26, 2019], 2019.5.17追加 [Additional date on May 17, 2019]

福島県(福島市)
[Fukushima] [Fukushima

放射性セシウム137

14,000,000Bq/km2・month
(1400万ベクレル/km2・月)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

早期発見なら10年生存率は高い癌の、早期発見さえも阻む輩もいるのです。


https://www.env.go.jp/chemi/rhm/koujyousenn.pdf
■環境省ホームページ
環境省3県調査

平成25年3月
特定非営利活動法人 日本乳腺甲状腺超音波医学会

甲状腺腫瘍等の保有率(A2判定)年齢別、性別
3~5歳
■長崎、男、15,4%、女、11,5%
■山梨、男、77,8%、女、62,5%
■青森、男、23,1%、女、44,0%
6~10歳
■長崎、男、35,0%、女、37,1%
■山梨、男、66,3%、女、69,7%
■青森、男、63,2%、女、64,7%

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2342
■小児甲状腺がん少なくとも273人〜福島サポート事業で判明
投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 12/14/2018 - 05:59

原発事故後、福島県で実施されている小児甲状腺検査をめぐり、今年3月までに「甲状腺検査サポート事業」で医療費を受給した患者233人のうち、手術後に甲状腺がんではなかった5人を除くすべてが甲状腺がん患者であることがわかった。県議会の答弁で判明した。検討委員会のデータと合算すると273人となり、これまで公表されていた人数を大幅に上回ることとなる。


これの続報が下のものです。


http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2382
■甲状腺サポート事業「全員甲状腺がん」は誤りと謝罪〜実態は不透明
投稿者: ourplanet , 03/14/2019

福島県が実施している甲状腺検査で、治療が必要となった患者に支給している「甲状腺サポート事業」をめぐり7日の常任委員会で、県の佐藤宏隆保健福祉部長は「医療費を交付した233人は全て甲状腺がん(または疑い)」との12月議会の答弁が誤りだったと謝罪した

また12日の委員会でも、佐藤部長は、「極めて重要な検査の数値の答弁を誤った」のは、「決して小さくない」「本来あってはなならいこと」と弁明した。一方、医療費を交付している233人のうち、手術を受けた82人以外が、どのような患者なのかについては明らかにしなかった

甲状腺検査サポート事業の交付実態、不透明なまま


大人も厳しい被曝をしています。

懸念は甲状腺癌だけではありません。

他県の子供たちの大規模調査『も』、国会映像を見ての通り、原発利権者の安倍が却下し、そのままです。

原発利権の甘い汁をすすり続けたいのも多くの国民が知っていますが、
せめて、子供たちの命だけでも、


見逃してほしい。

zoo********さん

2019/6/712:51:45

危険であっても無くても将来に渡って福島に行くことはありません。
お好きな方は勝手にどうぞ。

sai********さん

2019/6/621:33:21

自分福島に住んでいますが、原発から60キロ離れている場所で問題ないです、帰還困難区域以外は人戻ってきています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる