ここから本文です

レースで使われるカーボンはなぜ光沢がないのですか? テストカーなど、未塗装...

shu********さん

2019/6/806:04:06

レースで使われるカーボンはなぜ光沢がないのですか?

テストカーなど、未塗装のカーボンカラーのものを見ると、光沢がありません。

カーボンといえば、クリアで光沢を出しているものをイ

メージするのですが、光沢のないものにはクリアすら吹いていないということでしょうか?

閲覧数:
81
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kus********さん

2019/6/806:17:46

そんなもんメーカーに電話して聞けよ・・

推測① 不必要な塗装をするとその分重くなるから

推測② 光沢を入れると本体が目立ってしまうからスポンサーに配慮して非光沢にしている

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sco********さん

2019/6/913:54:11

一口にカーボンといってもドライカーボンとウェットカーボンの二種類がある。

あなたのいう「クリアで光沢を出しているもの」はカーボン繊維を織りこんだカーボンスキンを樹脂で固めたウェットカーボンのことで、価格は安いけどそんなに軽くない素材(あくまでもプラスチック程度の強化しかないのである程度の厚みが必要)だよ。

一方の「光沢のないもの」はカーボン繊維を真空窯で焼結させたドライカーボンで、焼結させる際に分子結合を強制的に組み替えることで強度を出すため薄くて軽くすることができる。

まだ自動車業界はコストの関係でウェットカーボンを使うこともあるが、航空産業や自転車業界はフレームに使えないウェットカーボンに見向きもしないよ。

iso********さん

2019/6/812:39:54

カーボンの種類が違う。
重くなる。

wag********さん

2019/6/808:12:24

そうゆう事です

lis********さん

2019/6/808:08:35

レースならドライカーボンの事だと思いますが、ドライカーボン自体は光沢はありません。含浸した樹脂が硬化した際に多少光沢出ますが表面からは殆ど見えないです。テストカーなどは機能チェック目的なので工程を簡素化するために塗装はしてないのでしょう。ウェットカーボンと明らかに質感違うので見る人が見れば判りますよ。

zam********さん

2019/6/807:49:15

その通りです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる