ここから本文です

「地球は青かった」と言ったひともいましたが、気生き間違いでしょうか。

kou********さん

2019/6/1118:55:01

「地球は青かった」と言ったひともいましたが、気生き間違いでしょうか。

宇宙から地球の海を見たら黒く見えるのだそうで、それは海面が太陽の可視光線を良く吸収してる証拠で、それゆえ海水面が大気を温めてるんだとか、それって本当でしょうかね。

寒い日、太陽の出ていない、つまり太陽光による温室効果のない❓時間帯だと、海面より湯気が立ってるときもありますまが、一般的に、昼間、海水の表面と大気と,どっちが温度が高いですかね。海水面の方が冷たいと思うんですが。

実際には低緯度では、大気から陸(海面)の方に熱が流れてるんだそうですが、高緯度ではその逆になっていて、全体としてのエネルギーの収支はつりあっているそうですが・・・。

じゃあIPCCの地球温暖化説では、どうして海水の温度が上がるというでしょうか。

閲覧数:
40
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bun********さん

2019/6/1120:54:35

短波長の可視光や紫外線が散乱され、紫外線はエネルギーを失って波長が長い可視光になるので、空は青いです。
海も、波長の短いものを散乱するので、青いです。
海が浅いと色は長波長の可視光に変わりますけどね。
飛行機から、海を見れば、空を見れば、実体験できるでしょう。

地球が青かった、のは、大気圏外から地球を見ると、海の方が大気に比べて分厚いので、海の青さが際立っているためです。海、地球のない大気圏を眺めれば、大気が青く見えます。

太陽光を全帯域で吸収して赤外線に変えて放射する黒体輻射体は、地球にはないというと言い過ぎですが、少ないですね。黒の塗料かな?炭でさえ、反射はしています。

昼は海が温かく、夜は陸が冷めにくいので温かく、昼夜で、風が吹く方向が変わると教わりませんでしたか?海や陸に接している表層大気は、それらと熱交換して、循環します。

大気循環は、低緯度で熱せられて、上昇流が発生することを基本として、降下する地域と上昇する地域とに分かれて、地球を巡っています。詳しくは、中学の地図帳をご参考に。

温室効果ガスが地球を取り巻けば、地球から宇宙空間に放射されていた熱、赤外線が吸収され、大気の温度が上がる。大気の温度が上がれば、接している海水の温度も上がる。
働くのは、熱の伝達の3態様、伝熱、対流、放射の原理です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2019/6/1207:23:14

”” 一般的に、昼間、海水の表面と大気と,どっちが温度が高いですかね。海水面の方が冷たいと思うんですが。 ”” →

場所に拠りけり!でしょうか?
海水が大気と密接に混じる場所は、海水と大気は同じ温度に成る(はず)です。大気が別(緯度)の場所から流れて来る場合には、暖かい空気が存在する場所(海域)も在る事は考えられる。
IPCCモデルでは、地球放射(長波放射)が大気温度を上げてると主張してるね?海水側が大気を暖めると言ってる?んでしょう?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ket********さん

2019/6/1206:27:40

キモい放射妄想を肯定して質問するからトンチンカンなんだよ。
空が青いのは、海の青を反射してるから。
可視光が青なの。
吸収されてる光を人間が視認できるわけねーんだよ。

お前はシャコか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

sec********さん

2019/6/1123:15:18

海面の色は角度によって、反射率が変わる。
また、空の色を反射するので、薄い青色に見ることもあります。
また、宇宙から見た場合は、大気の色も反映します。
垂直から見ると、濃い青、黒に近く見えます。
海氷の白と比べると、黒っぽく見えるのです。

海面の色は角度によって、反射率が変わる。
また、空の色を反射するので、薄い青色に見ることもあります。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kka********さん

2019/6/1119:22:16

実際に宇宙からカラー写真でみたら、地球は本当に青く見えるのがわかります。

月から見ても地球は青く見えます。人間の目の色覚細胞はちゃんとそういう風に認識するんです

宇宙から地球の海を見ても黒くなんか見えません。

それから人間が見えるのは反射された可視光線なのであって、吸収された光など見えるわけがありません

寒い日に海面から湯気が立っているのは、冬の日本海での普通の風景です。気温が低くて海水温が高いから熱交換で海面から上昇気流が起きて、水蒸気が湯気になるのです。海水温が低ければ湯気は立ちません。しかし水蒸気の供給はあり、アメリカ西海岸では秋には非常に良い天気でも午前中は霧か靄に包まれお昼ごろには快晴になります。

それから全体でのエネルギー収支がつり合っているなどまったく根拠もなくそもそもつり合っていると言う考え方自体がおかしいのです。

IPCCがいっているのは地球が温暖化していると言う事で、海水温もその結果上がって行っていると言っているだけです。

貴方の話は飛躍が多くて大きくて間違いだらけです

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる