ここから本文です

阿含宗の三代目管長がほぼ内定したそうです。 その僧侶が三代目管長に内定した決...

アバター

ID非公開さん

2019/6/1120:20:06

阿含宗の三代目管長がほぼ内定したそうです。
その僧侶が三代目管長に内定した決め手は、ブータン仏教に十数年、留学修行して、ラマ僧位を得て帰国したことのようです。

なお、役職上でもヒラ僧侶から、いきなり少僧正および課長に四階級特進なったとか。(この教団はむかしからハチャメチャな人事で有名)

しかし、これは裏を返せば、阿含宗においては、阿含宗で修行するよりも、ブータン仏教で修行したほうが評価が高いということであり、つまるところ、阿含宗でどんなに修行(僧侶というプロとして)しても、ブータン仏教の修行にはかなわないということではないでしょうか。
それはまた、阿含宗の僧侶方をみればわかるように、阿含宗でどんなに修行しても、抜きんでた霊性、霊格を持つことはできないのであり、千数百年にわたる霊的伝統を持つブータン仏教、チベット仏教には敵わないということを暗に認めたということではないでしょうか。

阿含宗は唯一、釈尊直説の成仏法を奉持していると標榜していますが、ブータン仏教、チベット仏教では遥か昔から正典として阿含経を奉持しており、成仏法と、成仏法にいたる前段階の修行法を豊富に受持していることを生前、開祖自身が認めていました。(それらのうち、開祖は「ネーン」、「ポア」、「ナーローパ六法」等の秘法をチベット仏教から伝授され、冥徳供養や守護霊・守護神の授与には不可欠な法だと重宝していた)

すくなくとも世間で多くの批判を受けているように、詐欺まがいの金儲け、共産勢力やヤクザとの親交、開祖の愛人問題など、数多くの醜聞に彩られた阿含宗とはあきらかに霊的な格がちがいます。
また、阿含宗はある時期からチベット仏教に見放され、相手にされなくなったために、善良なブータン王室にすがりつき、代替となるブータン仏教へのコネを得たようです。

おそらく、開祖の急死によって失われた霊力(もしくは求心力)を、ブータン仏教のもつ霊力、斬新さで補おうとしているあらわれなのでしょうが、あまりにも軽薄な教団だとあらためて思ってしまいました。
他の宗教教団でも同様なケースはあるのでしょうか?

閲覧数:
253
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mth********さん

2019/6/1209:37:50

開祖ご存命中からすでに成仏法はチベット仏教に頼らざるを得ませんでした。

「ブータン仏教」という言い方は正しくなくて、完全にチベット仏教ですからね、ブータンも。

特にニンマ派とカギュー派が強いのが、ブータンの特色です。

チベット仏教には多くの成仏法もあるし血脈も生きているし、成就者もいまたにたくさん出現していますから。

阿含宗に限らず、日本仏教全体に言えることですが、成就者がでない危機的状況にあると自覚せず、既成の慣習を続けるだけという宗派ばかりです。

その点、阿含宗は危機意識を持っていただけでもマシだったのかもしれません。

かといって阿含宗の行法で成就できるかは、わかりませんけどね。
(成仏はなおさらですが)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

han********さん

2019/6/1812:37:04

Fさんの後任の2代目の”法務”管長が、ブータンに長年留学させてもらった阿含宗僧侶のKさんですか。

幹部(W、M、他)に従順でブータン仏教を習得したKさんを、法務管長にして、幹部が教団信者をコントロールしようとしているのでしょう。

Kさんが管長になると、Kさんは、今後教団に降りかかる全ての不名誉の全ての責任を押し付けられることになります。その片棒を担いだことになります。気の毒です。

Kさんは、開祖指名の霊能者ではないと聞いております。

一方、開祖指名の霊能者のIさんは、元々、Kさんと似た立場でしたが、不誠実を嫌う信念のある修行者で、幹部に従順でなく不都合だったので、1年以上前に追い出されたのでしょう。

阿含宗の成仏法(四神足法)は、”瞑想作法によって仏陀から白銀のバイブレーションを受け取れば境地が上がって因縁が切れる” という 不確実な奇蹟頼りのものです。それは、目の前にぶら下げられた ”食べられないニンジン” でした。いつまでもたっても、白銀のバイブレーションは受け取れないしシュダオンにもなれません。

一方、ブータンの成仏法は、自灯明で自分の内面を探求するものなので、かなりまともだと思います。成就すればシュダオンにはなれるかもしれません。しかし、ブータン仏教で仏陀になった人はいないと思います。
阿含宗では、そのような修行法を 僧侶や会員にさせることは考えていないでしょう。お金にならないからです。

霊感はあったほうがよいでしょうが。
念力(霊力)は、悟りとは別のものです。
境地が高くなったら念力を使えなくなるでしょう。”念力” は、ワレよしの”我”を通すための ”呪い” だからです。

sat********さん

2019/6/1800:08:42

今日は。
外部から連れてくるとは考えましたね。考えたのは京都、山科の総本殿(?)を押さえている怖い人たちでしょう。怖い人たちについては下記を見て下さい。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142027284...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112031774...

阿含宗の幹部の人たち、和田さん、深田さんが自分たちの上に立つ人を連れてくるとは信じがたいので、京都、山科の総本殿(?)を押さえている怖い人たちが連れてくるのだと推測する次第です。

新たに来る人は桐山さんとは師弟関係がないのですから、桐山さんの本に山ほど書いてあるウソの記述について責任を負う必要はないです。『ウソが書いてある』と非難されても、ホントすごいね!ということが出来ます。ウソの山を清算できるというわけですね。


ブータンから来る人は桐山さんの使ったキーワードは引き継ぐでしょうが、それはたやすいことです。キーワード、阿含経、三十七品菩提分法、密教という言葉を使えばそれで済むわけです。本当の意味で阿含経、三十七品菩提分法、密教を理解している人はいないのでそれは容易いことです。

汚いやり方で大きく成り、外から来る人でそれを一掃しようとは良く考えたものです。外から呼ばれる人も呼ぶ人との間で、金などで約束はできているでしょうから、怖い人たちの計画にそって動くことが予想されます。

怖い人の時代が始まるわけですね。

肝心なご質問への解答として以下のように考えています。
【ご質問:他の教団でこのような事はあるのか】
ある筈です。
そう考える理由ですが桐山さん自身が下記の様に仰ったことがありました。
「昔、貴方の教団を売ってくれないかと言われた事がある。後は私たちがやりますからと言われたことがあるんですよ」
宗教ブローカー(?)というものが存在するらしいです。

今回の事もそのような類の人たちが、やっていることである可能性は高いと考えます。

宗教法人をつかって金儲けをしている人たちの話はNHKのクローズアップ現代でも何度か取り上げられています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
桐山さんのウソについては山ほどありますが下記がその一例です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141908153...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122074352...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる