ここから本文です

給料から住民税が天引きされているのに 市民税・県民税納税通知書が主人宛に届き...

meg********さん

2019/6/1212:24:19

給料から住民税が天引きされているのに
市民税・県民税納税通知書が主人宛に届きました。私は専業主婦ですし副業もしていなくて他に収入もありませんし転職もしていません。去年は通知書は来て

いません。
会社の方で何か手続きを間違えた以外に考えられないのですが何か他に要因があるのでしょうか?
結婚や出産は関係してきますか?
納付してしまうと二重にとられた気がするのですが…

補足他に収入もないので
医療費控除の時の確定申告で特別徴収と普通徴収どちらにもチェックを入れてなかったから
普通徴収になってしまったのかなという結論になったのですが
市役所に行けば特別徴収にしてもらえるのでしょうか?

閲覧数:
1,001
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pat********さん

2019/6/1219:17:30

ご主人の勤務先で 特別徴収(住民税をお給料から天引き)されている場合は 納付書は届きません。


考えられるのは 確定申告をされて 住民税を普通納税にする のところにチェックを入れられた場合 副業の収入に対して 納付書が届きます。


結婚や出産は関係してきますか?
>ご結婚は 年末調整時 または ご結婚時に 「扶養控除(異動)申告書」を勤務先に提出することで 終わります。

ご出産に関しては 16歳未満のお子様の場合は 税法上の控除はありませんので 関係しません。
また 社会保険や 失業保険から給付金が出る場合もありますが それに関しては 医療費控除の対象になることぐらいで お給料から特別徴収されている場合は 関係しません。


勤務先に 住民税が特別徴収になっているか ご確認ください。

  • 質問者

    meg********さん

    2019/6/1319:30:27

    確定申告第二表の控えを確認したのですが給与から差引き・自分で納付どちらにもチェックが入っていませんでした。
    チェックをしなかったから普通納税になってしまったんですかね?

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/15 15:43:09

ありがとうございます!
なんとなく理解できたので市役所に問い合わせてみたいと思います!

「市民税 県民税 納税通知書」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tig********さん

2019/6/1215:20:33

ご主人の会社でご主人の給与から住民税が天引きされているのに、ご主人の個人宛に住民税を払え!という通知が来た!という事でしょ?

普通は個人宛には来ませんね。

ただ奥さんに内緒で勤めている会社以外に収入があるんじゃないですかね?
確定申告でその別の収入に対しての住民税をどうするか選べるのですが、会社で一緒に天引きにすると会社に給与以外に収入があるのがバレる、副業でもしているにか?と言われるので個人で払うとしたのかと思われます。

あくまで推測なので一度役所に何故この通知が来たのか?と尋ねてみれば全てが解決するでしょう。

oio********さん

2019/6/1213:04:03

確定申告をして住民税を自分で納付と
されたのではないでしょうか?

今、給料から天引きされているのは平成29年分の給料に
対する住民税です。郵送されてきているのは平成30年分の
給料に対する住民税になります。
職場により1ヶ月前後はしますが、6月支給又は7月支給から
平成30年分の給与に対する住民税を控除することになります。

勤め先なのかご主人が確定申告の時になのかはわかりませんが、
仮に手続きが間違えてされていたとしても二重に支払うことは
ありません。今、郵送されてきたものは平成30年の給料に対する
ものですから、6月支給又は7月支給給料からの天引きがなくなります。
会社に住民税を徴収する通知が届いていないはずです。

もう1つの可能性は不動産所得など、給料以外にご主人が平成30年に
所得があり、確定申告をした場合です。
その場合に確定申告時にチェックの仕方によっては、給料分は
お勤め先で天引きとなり、給料以外の所得に対する分は
個人が支払うという事も想定できます。

可能性が1番高いのは、お勤め先が市役所に提出する際に
『普通徴収』とした事が考えられます。
この場合は個人で払うことになり、給料からの天引きではなくなります。

どちらにしても住民税の徴収のタイミングがズレているため
二重に感じるだけで二重にはなりません。
どうしてもきになるようであれば、お勤め先に聞いて見る
しかありません。

ここでどんなに詳細を記載しても正解はわかりません。
この時期であればお勤め先にも平成30年給料に対する
住民税の天引き額の記載された通知が届いています。
それが0円であれば二重にはなりません。
少なくても5月まではあくまで平成29年給料に対する
住民税ですので天引きされているという認識は違ってきます。

yom********さん

2019/6/1212:47:54

ご主人宛てなので、それはご主人の分でしょう。
納税通知書に収入の種類など、その内容が記載された明細書が添付されていますね。
それを確認してみましょう。
また、それは何年度のものでしょう。
結婚や出産が関係するとすれば、
①平成29年にご主人が配偶者控除を申告したのに、平成29年の奥さまの年収が103万円以上あった。・・・平成30年度の税額が不足で、不足税額は奥さまの年収によって変わりますが、最大でも3.5万円くらいでしょう。
②出産に伴う医療控除の申告をした場合の申告金額のミス。・・・これも平成29年分です。

会社から住民税を天引きされている場合は「市・県民税の特別徴収決定通知書」を会社を通じてもらえますので、納税通知書が平成31年分(令和元年分)のものなら、それと収入の種類や税額を比べてみましょう。
納税は、それを確認してからです。
もちろん、その通知書を役場に持参して、税務課で聞けば内容が分かります。

sup********さん

2019/6/1212:29:45

確定申告で雑収入とか給与以外の収入を申告し、普通徴収を選択したのでは?
ダブりは無いはずです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる