ここから本文です

iMacとMacBook Airのリモート操作について

アバター

ID非公開さん

2019/6/2301:00:04

iMacとMacBook Airのリモート操作について

現在MacBook Airを使用していますが、動画編集をする機会が増え、スペック不足を感じています。出先で作業をすることが多いのでMacBook Proへの買い替えを検討していたのですが、iMacを購入してAirからリモートで操作すれば安く済むのでは?と思いました。
ただ、私が調べた限りではそのような使い方をしてる人はあまり見当たらないのですが、何か問題(リモートではiMacのスペックを使いきれないなど?)があるのでしょうか。
そういった使い方をしたことがある人がいればご意見をお聞かせください。

閲覧数:
30
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

shi********さん

2019/6/2309:22:58

インターネット経由はやった事ありませんけど、
LAN内でなら、日常的に画面共有を私は使ってます。

リモートというか、画面共有ですら、処理に「ラグ」が発生します。
つまり、iMac側で処理が終わっているのに、それを見ているAir側では終わっているのが見えるまでに「間」があるという事です。「遅延」とも言いますね。
これは、ギガネットイーサ、つまりLANでも体感します。
それよりも遅いことが推測されるネット経由では、その「ラグ」は更に大きくなる事になります。

ギガネットイーサで起こる「ラグ」はほんの僅かな、コンマ秒くらいですから、よく注意して観察するか、Macを使い込んでいる人でないと、気が付かないかもしれません。
が、外出先からのネット経由では、その「ラグ」を観察するのは難しくなります。
つまり、単に「処理が遅い、重い」と感じるだけになるという事です。
気にならない人は、気にならないと思いますが。

さて、あと、
ネット経由の場合、有線でなければ突発的に途切れる事がありますが、
なんと言っても、通信容量の問題があるでしょうね。
動画編集を遠隔操作でやるという事は、1時間も2時間も繋ぎっ放しになりますよね。それも月当たり何度も。
すると、安いプランだと早々に制限が掛かってくるわけです。
逆に、沢山使おうと思えば、その分通信料金が高くつく事になるわけですね。
つまり、年単位で総額を計算すると「コスパが悪い」事があるのです。

時折、サポートなどでこちらのMacを遠隔操作してくれる事がありますが、あれは当然安定して早い有線を使っているでしょう。
それに、僅かな時間だけなので、ユーザが窓口まで移動する運賃、或いはその逆の出張費よりも、安上がりなわけです。
サポートも、時間当たりの人件費効率もありますから、更にコスパは開きます。

なので、通常は
遠隔操作は、緊急時の即対応や、ごく僅かな処理のために移動する費用・時間の節約が見込める時にしか使われないのです。

まあ、貴方が実際にその方法を実施してみて、「これくらい構わない」と思える範囲なら有効でしょうけど、そうでない場合は役に立たないわけですね。
こればかりは、「その人と時と場合による」ものなので、貴方自身が体験してみる、計算してみるしかないわけです。

余談ですが、
私がLAN内で日常的に画面共有を使っているのは、設置スペースの問題からです。
コンピューターも何台かありますけど、物が兎に角多くて、スペースが足りないんですね。
私の場合、スペースが充分にあれば、画面共有は使わないと思いますね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる