ここから本文です

淀殿は西軍だったと思うべきですよね?

kok********さん

2019/6/1802:04:03

淀殿は西軍だったと思うべきですよね?

「関ヶ原の戦い」において、淀殿が徳川家康に「西軍の鎮圧」を要請した史料があるため「秀頼や淀殿は西軍ではない」などという意見を見ます。

しかし、この史料は偽物ではないでしょうか?もしくは当初、間違えて通報したと見るべきではないでしょうか?

想像ですが、淀殿は最初は何事かと思って家康にそれを伝えましたが、石田三成や奉行衆から
「あれだけ反対だと申しあげていたのに会津征伐に行ってしまい上方を離れた徳川様に、もう豊臣を護る意思はない」と言われて、西軍挙兵の意図を把握し、以後は西軍に賛同していた、ということもありえるでしょう。

もし淀殿が西軍の行為に反対であれば、少なくとも淀殿は「No」と言える立場だったと思います。しかし、そういった反西軍の動きがみられないため、「秀頼や淀殿は西軍ではない」とはいえないのではないでしょうか?

一旦は徳川家康に西軍の鎮圧を頼んだ淀殿ですが、その後は西軍だったと見るべきではないのでしょうか?

歴史に詳しい皆様のお考え、ご意見をお願いします。


念のため書いておきますが、私の「なりすまし」さんがいらっしゃいます。プロフィールの参加日が新しい方が私ですので、区別してください。

閲覧数:
152
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mau********さん

2019/6/2211:39:47

大して知恵袋やってない自分でも、この質問と同じものを何度も見た気がするんですけど
嘘も100回言えば本当になるってやつを目指しているんですか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fai********さん

2019/6/1910:39:05

一説によると(テレビや映画では)、石田三成は淀殿を通して秀頼の出馬(あるいは秀頼からのお墨付きや軍資金の援助)を得ようと工作したフシがあります。

おそらく、淀殿は家康を嫌っており、出来れば三成に加勢したかったと思いますが、側近の片桐且元による説得で、結果的に三成からの要請を退けて中立の立場をとっています。

三成からの要請を退けた理由は、「万が一、家康側が勝利した場合、三成に味方したことを理由に、家康から難癖を付けられて、豊臣家が非常にまずい立場になってしまう可能性があるから。」という事らしいですが、

結局、この時の判断が、後に豊臣家滅亡へのターニングポイントになってしまったような気がします。

pea********さん

2019/6/1908:24:16

毛利や宇喜多といった大老をはじめ、島津や真田といった百戦錬磨の諸将も石田三成・大谷刑部に呼応したため、淀君は成り行き任せで輝元と同席となった=西軍となったのでしょう。

かといって、鳥居が死守する伏見城攻めに秀頼が加わったり、家康を、上杉と秀頼で挟み撃ちすれば一気に豊臣は求心力を失うでしょう。

淀君は西軍挙兵の意図を把握し、以後は西軍に賛同しましたが、千成ひょうたんを出すわけにもいかず、思案しているところ小早川秀秋が黒田長政を通し北政所の意図を把握し、以後は東軍に賛同したので一気に決着がついてしまった・・・というわけです。

dan********さん

2019/6/1900:26:50

まさにコレ。

まさにコレ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2019/6/1812:36:00

関が原で戦った、西軍と東軍の上官に当たるのが秀頼です。
秀頼の部下たちの内輪での戦が、関が原です。

そういう資料は、いつかかれたが重要ですよ。
関が原の直後に書かれたのか、後に家康が豊臣を滅ぼした後に、昔のこととして書かれたのかです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる