ここから本文です

フロイトのタナトス(死へ向かう本能)の論拠はなんですか?

アバター

ID非公開さん

2019/6/1914:48:27

フロイトのタナトス(死へ向かう本能)の論拠はなんですか?

閲覧数:
34
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mig********さん

2019/6/2122:33:02

wikipediaからです、以下の社会的な状況に加え、自分の娘が死んだことがきっかけのようです。
-----------------
第一次世界大戦によってヨーロッパが壊滅的な破壊を経験されたのを目撃したフロイトは、なぜ人間が自らの種族保存に不利なはずの戦争のような行為をおこなうのか、ということに興味を持った。その結論として1920年、『快楽原則の彼岸』(独: Jenseits des Lustprinzips)において、それまでの性の本能・自己保存本能の二元論から、生の本能(エロス:Eros)・死の本能(タナトス:Thanatos)の二元論へと転回した。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる