ここから本文です

冬キャンプに備え、ナンガのシュラフ オーロラ600かオーロラ750のどちらかで悩んで...

yap********さん

2019/6/1916:10:04

冬キャンプに備え、ナンガのシュラフ オーロラ600かオーロラ750のどちらかで悩んでいます。
年越しキャンプでふもとっぱに行きたいなと考えていて。。

11月から3月ぐらいはおもに富士五湖周辺に行こう思っています。
バロウバッグ♯1で3月の富士山2合目でみぞれ?雪?が降って、寒いと感じました、寒がりではあります。
ナンガ所有の先輩方、どちらを選べばよろしいでしょうか?

閲覧数:
166
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nag********さん

2019/6/1917:04:04

600と750なら、ダウンの量は150gの差なのでそれほど変わらないかと思います。
寒がりなら750の方を選んでおけば間違いないと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bas********さん

2019/6/2112:31:55

750がおすすめ
600を持ってますが、平地の真冬で快適です。
ふもとっぱらは標高が高いしかなり冷え込むので、600か750と言われたら750です。
それ以外にダウンの上下とカイロもあった方がいいですよ。
あと、マットも良いのを使わないと冷気が下から来ます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

cb1********さん

2019/6/2001:36:58

私はナンガのオーナーではありませんので、僭越ですが。

あくまでメーカーHPに記載のカタログ数値なので、必ずしも実態に即しているか否かは不明ですけど、それぞれの性能の表記は以下のとおりです。

快適使用温度(コンフォート温度)/下限温度(リミット温度)
モンベルバロウバッグ#1
-3/-9℃
ナンガオーロラライト600
-4-/11℃
ナンガオーロラライト750
-8/-16℃

ちなみに冬山用のバロウバッグ#0だと、-7/-14℃です。

バロウバッグ#1で寒いと感じたのなら、カタログ値では600だと性能の差はあまり無いので、オーロラライト750を選ぶのが当然の結論となるように感じます。

なお、あくまで私の私見なのですが・・・
かなり高価な極寒仕様のダウンシュラフを購入するよりも、現在所有のバロウバッグ#1にシュラフカバーとシュラフインナー(ウォームアップシーツ)を併用する方がずっと低コストです。
厳冬期にしょっちゅうキャンプするのなら、より軽量・コンパクトなダウンシュラフを購入することに意味がありますけど。

一応、以下にそれぞれメーカーHPの表示を貼り付けておきます。
↓ナンガオーロラライト750
https://nanga.jp/product/sleeping-bag/aurora-light/aurora-light-750...
↓モンベル ブリーズ ドライテック スリーピングバッグカバー
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121328
(※対応表を確認すると、バロウバッグ#1だとワイドカバーになります。)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる