ここから本文です

凱旋門賞ディープインパクト3位入線からの禁止薬物で失格、 のど鳴りで前日まで投...

kak********さん

2019/6/2719:00:03

凱旋門賞ディープインパクト3位入線からの禁止薬物で失格、
のど鳴りで前日まで投与していた薬が暴れた際に寝藁に・・・

というもう何年前かも分からない昔の話ですが、あれって

本当に前日まで薬を投与していた状態だったのでしょうか?

普通前日まで薬を投与していたような状態なら出走しないはず

あれってディープに脅威を感じていたフランス人が寝藁に
薬をまいてたとえレースに勝ったとしても失格になるように
したんですよね?

閲覧数:
83
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2019/6/2723:15:01

話では気管支炎で熱発もしていた様です
多大な費用をかけて期待を背負っての遠征ですから出走取り消しには決断が必要で、当日に熱が下がった事もあり出走を決めた様ですが、肝心の池江調教師自身がその事に関しては黙秘を続けていて詳細は実のところは不明です
ただ治療薬に関してはフランスでも使用は合法、ただしレースに於いて残留成分があればその効果や目的には関わらず『自然界に無い物質』の残留自体が認められない(パリ協約)からの失格で、それを池江調教師が知らない訳は無いと思うんですけどね(;^_^A

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる